2018年05月01日

PADガイドラインってなに?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。
今回は「PADガイドライン」に関するQ&Aです。

 

古賀雄二
川崎医療福祉大学保健看護学科准教授

 

PADガイドラインってなに?

PADとは、痛み(Pain)・不穏Agitation)・せん妄(Delirium)を指し、ICUにいる成人患者のPAD管理のための診療ガイドラインを「PADガイドライン」といいます。

〈目次〉

PADガイドラインとは

2013年にSCCM(米国集中治療医学会)から出されたPADガイドラインは、2003年の「重症成人患者の鎮痛薬・鎮静薬の持続使用のための診療ガイドライン」の改訂版である。タイトルからも薬剤管理から病態管理へとコンセプトが変更されていることがわかる。

2014年9月、日本集中治療医学会J-PADガイドライン作成委員会より「日本版・集中治療室における成人重症患者に対する痛み・不穏・せん妄管理のための臨床ガイドライン」が出された。これは、PADガイドラインの和訳ではなく、日本の医療背景に沿うよう内容調整が行われている。

重症患者の不穏は、不適切な痛み・不安・せん妄管理、人工呼吸の非同調により生じる可能性があるため、PAD各要素の評価スケールを用いて繰り返し評価を行うことが推奨されている。

 

PADガイドラインの概要

「痛み」については、痛みの評価はNRS、VAS、BPS、CPOTを使用してすべてのICU患者にルーチンに行い、処置に伴う痛みへの「先取り鎮痛」を行うことなどを推奨している。

「不穏」については、鎮静の深度と質の評価をRラスASSやSASでルーチンに行い、浅めの鎮静レベル(light sedation:ライトセデーション)維持のために毎日の鎮静中断・減量を行って鎮静プロトコールを使用すること、人工呼吸患者には鎮痛重視型鎮静(analgesia first-sedation:アナルゲージア ファーストセデーション)を行って非ベンゾジアゼピン系薬剤を使用することなどを推奨している。

「せん妄」については、CAM(カム)-ICUやICDSCでルーチン評価を行ってせん妄リスクを評価し、早期離床や睡眠促進のために患者環境の調整などの非薬理学的ケアや適切な薬剤の選択などを推奨している。

PADガイドラインケアを表1に示す。

表1J-PADガイドラインケアの概要

 

略語

  • SCCM(Society of Critical Care Medicine):米国集中治療医学会
  • NRS(numeric rating scale):数値評価スケール
  • BPS(behavioral pain scale)
  • CPOT(Critical-CarePain Observation Tool)
  • RASS(Richmond Agitation-Sedation Scale)
  • SAS(sedation agitation scale)
  • CAM-ICU(confusion assessment method for the ICU)
  • ICDSC(intensive care delirium screening checklist)
  • AAA(abdominal aortic aneurysm):腹部大動脈瘤
  • DSI(daily sedation interruption):毎日の鎮静中断
  • SBT(spontaneous breathing trial):自発呼吸トライアル
  • EEG(electroencephalogram):
  • ICP(intracranial pressure):頭蓋内圧

[文献]


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

著作権について

この連載

  • 人工呼吸中の鎮痛評価は、どのように行うの?|人工呼吸ケア [05/15up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「鎮痛評価」に関するQ&Aです。   古賀雄二 川崎医療福祉大学保健看護学科准教授   鎮痛評価は、どのように行うの? 主観的痛み評価... [ 記事を読む ]

  • ABCDEバンドルってなに? [05/08up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「ABCDEバンドル」に関するQ&Aです。   古賀雄二 川崎医療福祉大学保健看護学科准教授   ABCDEバンドルってなに? 「バン... [ 記事を読む ]

  • PADガイドラインってなに? [05/01up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「PADガイドライン」に関するQ&Aです。   古賀雄二 川崎医療福祉大学保健看護学科准教授   PADガイドラインってなに? PAD...

  • 人工呼吸中の鎮痛・鎮静は、なぜ重要なの? [04/24up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「人工呼吸中の鎮痛・鎮静」に関するQ&Aです。   古賀雄二 川崎医療福祉大学保健看護学科准教授   人工呼吸中の鎮痛・鎮静は、なぜ重要なの? ... [ 記事を読む ]

  • 人工気道留置中患者のコミュニケーションの方法は? [04/17up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「人工気道留置中患者のコミュニケーションの方法」に関するQ&Aです。   露木菜緒 国際医療福祉大学成田病院準備事務局   人工気道留置中患者のコミ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 知っておきたい臨床で使う指標【総目次】 [05/25up]

      根本 学 (埼玉医科大学国際医療センター 救命救急科診療部長)   はじめに 臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つです。 指標を上手く使いこなすことができると... [ 記事を読む ]

  • NPPV管理中の患者の鎮痛・鎮静管理 [10/04up]

    『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座』より転載。 今回は、NPPV管理中の患者の鎮痛・鎮静管理について解説します。 〈目次〉 NPPV管理中になぜ鎮痛・鎮静が必要か NPPV管理中の鎮痛・鎮静管理の注... [ 記事を読む ]

  • 医療ドラマあるある!間違い探し【4】~オペ室編その2~ [04/05up]

    前回同様、舞台はオペ室です。 あなたは何個、間違いをみつけられるでしょうか? ※記事の最後におまけの問題つき! 【ライター:白石弓夏(看護師)】   ~上級編~3カ所の間違いを探せ!   ★... [ 記事を読む ]

  • 術後疼痛とせん妄に関係はありますか? [01/09up]

    『せん妄のスタンダードケア Q&A100』より転載。 今回は、術後疼痛について解説します。 術後疼痛とせん妄に関係はありますか? 術後疼痛の治療が不十分であることは,術後せん妄の危険因子となります. また... [ 記事を読む ]

  • 人工呼吸管理中の患者の鎮痛・鎮静管理 [09/20up]

    『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座』より転載。 今回は、人工呼吸管理中の患者の鎮痛・鎮静管理について解説します。 〈目次〉 人工呼吸管理中になぜ鎮痛・鎮静が必要か 人工呼吸管理中の鎮痛・鎮静管理の進... [ 記事を読む ]

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.3 ゆい~(1)

主人公の2年目ナースが受け持つ認知症の患者さん。転棟から間もなく、ある悩みが…。 [ 記事を読む ]

人工呼吸器はどんな種類がある?どう使い分ける?

手動式、機械式、体外循環式(ECMOなど)それぞれの特徴をわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「看護観」って実際ある?ない?

投票数:
1361
実施期間:
2020年03月10日 2020年03月31日

小さい頃の将来の夢はなんだった?

投票数:
1317
実施期間:
2020年03月13日 2020年04月03日

「新人だった頃の私」に言いたいことは?

投票数:
1144
実施期間:
2020年03月17日 2020年04月07日

実習中の看護技術、どれに苦労した?

投票数:
2568
実施期間:
2020年03月20日 2020年04月10日

1日がかりの院外セミナー。ランチは何がベスト?

投票数:
984
実施期間:
2020年03月24日 2020年04月14日

【エイプリルフール】人生最大級の「嘘」おしえて!

投票数:
842
実施期間:
2020年03月27日 2020年04月17日

めちゃくちゃ疲れたときの「自分へのご褒美」ある?

投票数:
325
実施期間:
2020年03月31日 2020年04月21日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6683

◆看護技術の問題◆ドレーンやチューブ管理で適切なものはどれでしょうか?

  • 1.患者さんが胃管チューブを5cm抜去したが、再挿入し、心窩部で気泡音で確認し、栄養剤を注入した。
  • 2.PEGの急性期(造設から2週間以内)の事故抜去では、胃穿孔と同じような状態を想定し、対応する。
  • 3.患者さんの移動時に中心静脈ラインが引っかかり、数cm抜けたが、点滴の滴下もあったので、そのまま点滴を続行した。
  • 4.膀胱留置カテーテルが膨らんだまま抜去しているのを発見したが、出血がなかったので、新しいカテーテルを再挿入した。
今日のクイズに挑戦!