1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 脳血管にいざという時のバックアップ機構はあるの?

2017年11月30日

脳血管にいざという時のバックアップ機構はあるの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「ウイリス動脈輪」に関するQ&Aです。

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

脳血管にいざという時のバックアップ機構はあるの?

脳は生命の維持はもちろんのこと、感覚や運動といった、あらゆる生命活動をつかさどっています。その脳に血液を送り込んでいるのは、左右の内頸動脈と椎骨(ついこつ)動脈です。

このうち、椎骨動脈は脳幹の前で左右の動脈が合流して1本になり、脳底動脈と名前を変えます。そして、大脳の底の部分で内頸動脈とも合流し、視床下部の底部を囲むようにしてほぼ六角形の輪を作ります。

これをウイリス動脈輪(どうみゃくりん)といいます(図2)。

図2脳の血管

脳の血管

 

ウイリス動脈輪の役目は、別々の動脈系である内頸動脈と椎骨動脈を連絡することにより、どちらかの動脈に血栓が詰まって血液が流れなくなるようなことがあっても、もう1本の動脈によって最低限の血液を確保することです。

ウイリス動脈輪は、例えば高速道路の環状線です。環状線には、四方八方から複数の高速道路が入り込み、線沿いには市場や工場など、生活を維持する大事な機能があります。

もし、環状線内のどこかの道路(左後大脳動脈→左後交通動脈→左前大脳動脈→前交通動脈→右前大脳動脈→右後交通動脈→右後大脳動脈のどれか)が事故で閉鎖されたら、生活はどうなるでしょう。

心配ご無用、何本かあるほかの道路を通り、環状線沿いの工場(脳実質)に物資を届ければいいのです。多少の時間がかかっても、物資はちゃんと運ばれます。 

道が1本しかないと、その道路が閉鎖されてしまったら物資は流通しなくなってしまいます。脳でこのようなことが起きれば、脳の神経細胞が壊死し、生命の危機が生じてしまいます。 

脳の動脈の大半は、毛細血管のように互いが網の目で連絡(吻合)されているわけではなく、ほとんど吻合を持たない終動脈です(「終動脈とはどんなもの?」参照)。

ウイリス動脈輪は、こうした脳動脈の弱点を補うためのバックアップ機能ということができます。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 脳の神経細胞は減っても大丈夫? [12/07up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「脳の神経細胞」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   脳の神経細胞は減っても大丈夫? ヒトの脳には大脳に数百億個、小脳で千... [ 記事を読む ]

  • 脳に有害な物は入り込まないの? [12/04up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「血液脳関門」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   脳に有害な物は入り込まないの? 血液は、酸素やグルコースなどの栄養素を... [ 記事を読む ]

  • 脳血管にいざという時のバックアップ機構はあるの? [11/30up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「ウイリス動脈輪」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   脳血管にいざという時のバックアップ機構はあるの? 脳は生命の維持は...

  • 脳にはどれくらいの量の血液が送られているの? [11/27up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「脳と血液」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   脳にはどれくらいの量の血液が送られているの? 脳は覚醒時でも睡眠時でも、... [ 記事を読む ]

  • 脳はどうやって守られているの? [11/23up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「頭蓋骨と脳脊髄液」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   脳はどうやって守られているの? 脳の実質はとても柔らかい組織です... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • インパルスは神経系の共通言語|調節する(2) [08/28up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経伝達物質・ホルモンについてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 細胞どうしを結ぶ神経ネットワーク|調節する(1) 解剖生理学の面白... [ 記事を読む ]

  • 体温の調節|調節する(5) [09/03up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経伝達物質・ホルモンについてのお話の5回目です。 〈前回の内容〉 血糖値・血圧の調節|調節する(4) 解剖生理学の面白さを知るため、... [ 記事を読む ]

  • 血糖値・血圧・体液の調節|調節する(4) [09/01up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経伝達物質・ホルモンについてのお話の4回目です。 〈前回の内容〉 標的細胞を刺激するホルモン|調節する(3) 解剖生理学の面白さを知... [ 記事を読む ]

  • 神経細胞とグリア細胞|感じる・考える(1) [09/05up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経系についてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 体温の調節|調節する(5) 解剖生理学の面白さを知るため、体温を一定に保つための仕... [ 記事を読む ]

  • 神経のしくみと機能|動作のしくみから理解する(7) [12/12up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、動作のしくみから解剖生理を理解するお話の7回目です。 〈前回の内容〉 脳と脊髄は身体の司令塔|動作のしくみから理解する(6) ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1376
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1274
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1121
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1098
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
971
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
801
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1542

◆移乗時の問題◆手術が終了した患者さんを手術台からストレッチャーに移乗させる際のライン類の扱いで正しいものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.スタッフが各自でドレーンや点滴を確認して移乗させる。
  • 2.患者さんが麻酔から十分に覚醒していない場合は、ストレッチャーへ移乗させてからドレーン類を整理する。
  • 3.術後は術者や看護師がラインを確認しているため、移乗時にはラインのたるみがないよう、ライン類が伸展してしっかり固定してあるかの確認をする。
  • 4.患者さんに挿入されているライン類はたるみや引っ掛かりがないかを移乗前に確認し、スタッフで共有してからリーダーの声掛けで移乗させる。
今日のクイズに挑戦!