1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 聴診スキル講座>
  4. 聴診器の仕組み|聴診スキル講座

2016年03月11日

聴診器の仕組み|基礎編(1)

聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説します。
構成は、聴診器の使い方から呼吸器の構造を解説した【基礎編】と、疾患の解説と筆者が臨床で遭遇した症例の聴診音を解説した【実践編】の2部に分かれています。基礎編は全8回にまとめましたので、初学者はまずはここからスタートしてください。

第1回目は、「聴診器の仕組み」についてのお話です。

 

皿谷 健
(杏林大学医学部付属病院呼吸器内科講師)

 

普段、外来や病棟で患者さんに聴診器を使っていると思うけど、聴診器はちゃんと使いこなせていますか?

はい。聴診って、音を聴けば良いだけだから簡単ですよね。
聴診器を使っていると、医療従事者って実感が湧きます。

とんでもない! 聴診はバイタルサインを確認する上でとても大切だし、聴診で気付く病気もあるぐらい重要な医療行為なんですよ。

え! そんなに大事なことだったんですか!?

学校ではあんまり習わないからわからないかもね。
でも、臨床現場ではとても大切なことだから、一人前の看護師になるためには、ちゃんとマスターして欲しいですね。
まずは、聴診器の基本的な仕組みから見ていきましょう。

 

〈目次〉

 

聴診器の構造

聴診器は3つの部分からできている

聴診器は、患者さんの体内で発生する音を聴いて診察や、患者さんの状態を把握するための医療器具です。聴診器の構造は、チェストピース、チューブ(導管)、耳管部の3つの部分からできています(図1)。チューブが「太く」「硬い」もののほうが、雑音が入らず、呼吸音が伝わりやすくなります。

図1一般的な聴診器の構造

一般的な聴診器の構造

 

チェストピースにはベル型と膜型がある

チェストピースの形状には、ベル型(ベル面)と膜型(ダイヤフラム面)の2種類があり(図2図3)、形も全く違います。

図2チェストピースの形状の比較

チェストピースの形状の比較

 

図3チェストピースの内部構造

チェストピースの内部構造

 

ベル型の面では低音を、膜型の面では高音を聴取します。それぞれの面で聴取できる音が異なるため、聴取したい音に合わせて、使用する聴診器の面を選択しましょう。

 

 

聴診器の面の使い分け方

聴診器にはベル型と膜型の面がありますが、聴診したい部位によって使用する面を使い分ける必要があります。

 

呼吸音の聴診では膜型を使用する

呼吸音には正常音と異常音(ラ音)がありますが、呼吸音を聴診する場合は、聴診器の膜型を使用します。高齢で痩せている患者さんには、チェストピースが大きすぎて胸壁にフィットしない場合がありますが、その場合には小児用の小さな聴診器を使用すると良いでしょう。

 

心音の聴診では膜型とベル型を使い分ける

心音を聴診する場合は、聴診器の膜型でⅠ音とII音を、ベル型で低調性雑音の過剰心音(III音、IV音)を聴取します。呼吸音の聴診では膜型しか使用しませんでしたが、心音の場合は膜型、ベル型ともに使用します。

 

memo技術的に進歩した電子聴診器

聴診器には、一般的な聴診器のほかに、電子聴診器と呼ばれるものもあります(図4)。なお、聴診の行い方は、聴診器が異なっても同じです。

図4筆者が使用している電子聴診器

筆者が使用している電子聴診器

 

機種によっては、液晶の表示があったり、BluetoothTMでパソコンとリアルタイムで聴診音のデータ通信が可能なものもあります。また、パソコン上で、聴診音を録音・保存・再生などもできます。

 

Check Point

  • 聴診器は体内の音を聴くための医療器具で、チェストピース、チューブ、耳管部の3つからできている。
  • 呼吸音を聴く際は、膜型のみを使用する。
  • 心音を聴く際は、Ⅰ音とⅡ音は膜型で、過剰心音(Ⅲ音・Ⅳ音など)はベル型を使用する。

 

〈次回〉

聴診器の使い方|基礎編(2)

 

 


[執筆者]
皿谷 健
杏林大学医学部付属病院呼吸器内科講師

[監 修](50音順)
喜舎場朝雄
沖縄県立中部病院呼吸器内科部長
工藤翔二
公益財団法人結核予防会理事長、日本医科大学名誉教授、肺音(呼吸音)研究会会長
滝澤 始
杏林大学医学部付属病院呼吸器内科教授


Illustration:田中博志

Photo:kuma*


協力:翼工業株式会社


著作権について

この連載

  • 気道と肺の構造|基礎編(3) [03/29up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説します。 構成は、聴診器の使い方から呼吸器の構造を解説した【基礎編】と、疾患の解説と筆者が臨床で遭遇した症例の聴診音を解説した【実践編】の2部に... [ 記事を読む ]

  • 聴診器の使い方|基礎編(2) [03/22up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説します。 構成は、聴診器の使い方から呼吸器の構造を解説した【基礎編】と、疾患の解説と筆者が臨床で遭遇した症例の聴診音を解説した【実践編】の2部に... [ 記事を読む ]

  • 聴診器の仕組み|基礎編(1) [03/11up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説します。 構成は、聴診器の使い方から呼吸器の構造を解説した【基礎編】と、疾患の解説と筆者が臨床で遭遇した症例の聴診音を解説した【実践編】の2部に...

  • 呼吸音の分析に役立つ聴診アプリ [06/28up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 ここでは、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第1話は... [ 記事を読む ]

  • 総目次:聴診スキル講座 [03/11up]

      はじめに 学校でも詳しく教えてもらえない聴診について、聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説します。 『聴診スキル講座』の大きな特徴は、実際の疾患の聴診音が聴... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 知っておきたい臨床で使う指標【総目次】 [05/25up]

      根本 学 (埼玉医科大学国際医療センター 救命救急科診療部長)   はじめに 臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つです。 指標を上手く使いこなすことができると... [ 記事を読む ]

  • FASTのエコー像(心嚢腔) [10/19up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 FASTで外傷患... [ 記事を読む ]

  • 喘息【疾患解説編】|気をつけておきたい季節の疾患【6】 [04/21up]

    来院された患者さんの疾患を見て季節を感じる…なんて経験ありませんか? 本連載では、その時期・季節特有の疾患について、治療法や必要な検査、注意点などを解説します。また、ナースであれば知っておいてほしいポイントや、その疾患の患者さんに... [ 記事を読む ]

  • 縦隔ドレナージ [07/30up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回は縦隔ドレナージについて説明します。   〈目次〉 縦隔ドレナージの定義 縦隔ドレナージの適応 縦隔ドレナージの挿入経路と留置部位... [ 記事を読む ]

  • シスプラチン+イリノテカン療法 (看護・ケアのポイント)/肺がん [05/31up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、肺がん(肺癌)の患者さんに使用する抗がん剤「シスプラチン+イリノテカン療法」について、看護・ケアのポイントについて紹介します。 第1話:『シスプラチン+イ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

EPA看護師の本音は…

「この制度は失敗」と安易に言われたくないという著者が語ります。 [ 記事を読む ]

スワンガンツカテーテル

先端にバルーンが付いていることが安全の仕組み。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

救急車に乗ったこと、ある?

投票数:
745
実施期間:
2017年09月01日 2017年09月22日

転職してよかった?

投票数:
620
実施期間:
2017年09月05日 2017年09月26日

白衣はパンツ派?スカート派?

投票数:
665
実施期間:
2017年09月08日 2017年09月29日

自宅での看取りを経験したことはありますか?

投票数:
576
実施期間:
2017年09月12日 2017年10月03日

急変対応したことある?

投票数:
537
実施期間:
2017年09月15日 2017年10月06日

プリセプター、何がツラい?

投票数:
795
実施期間:
2017年09月19日 2017年10月10日

プリセプティー、何がつらい?

投票数:
244
実施期間:
2017年09月22日 2017年10月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3199

肺炎による低酸素血症のため、鎮痛薬と鎮静薬を使用しながら人工呼吸器管理を受けているAさん。3日前から、毎朝の鎮静薬を一旦中断し、覚醒を促しながらリハビリテーションを開始しました。今朝のX線検査で、気管チューブが若干浅めではあるが許容範囲内であると医師は判断しています。看護師2人で座位から端座位に移動した時、人工呼吸器のアラームが作動しました。以下の中から、Aさんにとって最も緊急性のあるアラームはどれでしょうか?

  • 1.気道内圧上限アラーム
  • 2.気道内圧下限アラーム
  • 3.分時換気量上限アラーム
  • 4.呼吸回数上限アラーム
今日のクイズに挑戦!