1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 寝たままでは尿が出にくいのはなぜ?|排尿のメカニズム

2016年08月16日

寝たままでは尿が出にくいのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は排尿に関するQ&Aです。

寝たままでは尿が出にくいのはなぜ?

腹圧を高め、排尿を促進することが困難なためです。

 

〈目次〉

 

尿が排泄されるのは

排尿には、膀胱の壁を構成している排尿筋と内外の尿道括約筋が関与しています。これを助ける役目として、腹壁筋の収縮による腹腔内圧の上昇があげられます。

排尿のメカニズムを簡単に説明します。排尿筋は膀胱の頚部・体部による縦走および輪状筋からなる網目状の平滑筋群で、これらの筋肉の収縮によって、膀胱内圧が上がります。同時に膀胱三角部の収縮が起こると膀胱頚部が開口し、後部尿道筋および外尿道括約筋の弛緩(しかん)により尿道が開き排尿が行なわれます(図1)。

図1排尿のメカニズム

排尿のメカニズム

 

これらの筋の収縮、弛緩は下腹神経骨盤神経および陰部神経からなる3つの神経支配を受けています(図2)。

図2膀胱・尿道の神経支配

膀胱・尿道の神経支配

 

交感神経を刺激すると、下腹神経、下腹神経節、膀胱神経叢を経由して、排尿筋の弛緩と膀胱頚部筋(内尿道括約筋)の収縮が起こります。

すなわち、膀胱が拡張しやすくなり、膀胱の出口にあたる膀胱頚部が閉じ、尿を貯留する働きが起こります。逆に副交感神経を刺激すると、骨盤神経、骨盤神経叢を経由して、排尿筋の収縮と膀胱頚部筋の弛緩が起こり、膀胱内圧の上昇と膀胱の出口が開くことになり排尿が始まります。

さらに外尿道括約筋は、陰部神経の支配を受け、蓄尿時には持続的に働いて外尿道括約筋を収縮させ、排尿時には反射的にこの筋の弛緩が起こり排尿が始まります。

 

排尿反射とは

これらの神経の働きを調節するのは、下位中枢である腰仙部脊髄に存在する脊髄排尿中枢、脳幹部、小脳系の自律排尿中枢、および大脳皮質系の最高排尿中枢の3つがあります。それぞれ下位中枢に対して抑制的および促進的に作用しています。これらの神経・筋による排尿のしくみを、排尿反射とよんでいます。

 

立位や座位で排尿しやすいのは

実際の排尿時には、これらの筋の働きに加え、腹壁筋の収縮による腹腔内圧の上昇が起こり、二次的に膀胱内圧を上昇させ、排尿に対して補助的に働きます。この腹壁筋の収縮は随意的に行なわれるもので、排尿補助筋とよばれています。仰臥位、腹臥位など寝たままの状態では、この排尿補助筋の収縮に対して、必要なエネルギー消費量が増加し、また不必要な筋肉の収縮を伴ってしまいます。

排尿時の自然な体位が立位または座位であるのは、腹壁筋の収縮による腹腔内圧の上昇が、最小のエネルギー消費ですむからです。そのため余分な筋肉の収縮や緊張を必要とせず、不快感を残さず楽に排尿することができます。とくに体力・筋力の低下している病人では、寝たままの状態に加え、腹壁筋の収縮がより困難となりますので、残尿感などの不快感が起こりやすい状態になります。

 

⇒この〔連載記事一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 夜間はあまり尿意をもよおさないのはなぜ? [08/23up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は睡眠中の尿意に関するQ&Aです。 夜間はあまり尿意をもよおさないのはなぜ? 夜間、睡眠中は膀胱が弛緩し、内腔が拡張しやすく、内圧の上昇が緩やかであるためです。 ... [ 記事を読む ]

  • 膀胱に尿がたまると尿意をもよおすのはなぜ? [08/20up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は尿意に関するQ&Aです。 膀胱に尿がたまると尿意をもよおすのはなぜ? 膀胱内に尿がたまると、膀胱内圧が上昇するためです。   〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

  • 寝たままでは尿が出にくいのはなぜ? [08/16up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は排尿に関するQ&Aです。 寝たままでは尿が出にくいのはなぜ? 腹圧を高め、排尿を促進することが困難なためです。   〈目次〉 尿が排...

  • 運動、入浴、食事などで血圧が上昇するのはなぜ? [08/09up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は血圧変動に関するQ&Aです。 運動、入浴、食事などで血圧が上昇するのはなぜ? 循環血液量が増加したり(運動、食事)、血管の収縮(入浴)によって血圧が上昇するから... [ 記事を読む ]

  • 血圧には、性差、年齢差などがあるのはなぜ? [08/06up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は性差、年齢差による血圧の違いに関するQ&Aです。 血圧には、性差、年齢差などがあるのはなぜ? 血管の弾力性が異なり、男性高齢者ほど動脈硬化が強くなるためです。 ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95 記事一覧 [06/21up]

    ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95 記事一覧 病棟で行う消化管ストーマ・尿路ストーマのケアについて、カラー写真やイラストをたくさん使ったQ&Aでやさしく解説。 装具や術前ケアなどの基礎知識から術直後のケア、合併症の予... [ 記事を読む ]

  • 大腸の働きと排便・便秘 [10/14up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 黄 疸|消化吸収 今回は、大腸の働きについて解説します。   〈目次〉 大腸の構造と役割 排便反射 便 ... [ 記事を読む ]

  • 腎臓で生成された尿は、 どういう経路で排出されるの? [12/01up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 腎臓が細菌に感染するとどうなるの? 今回は「尿の排出経路」に関するQ&Aです。   腎臓で生成された尿は、どういう経路で排出されるの? 漏斗... [ 記事を読む ]

  • 排泄とは何だろう? [11/03up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 大腸が体内で移動しないのはなぜ? 今回は「排泄」に関するQ&Aです。   1.排泄とは何だろう? 2.なぜ排泄が必要なの?  ... [ 記事を読む ]

  • 面板の溶解や膨潤ってどういう状態?|ストーマ装具 [11/23up]

    『ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95』より転載。 今回は、ストーマ装具の面板の状態について解説します。 面板の溶解や膨潤ってどういう状態? 面板を一定期間貼付していると,汗や排泄物の水分を吸収して皮... [ 記事を読む ]

いちおし記事

ダメだけど、クスっと笑える「失言」経験ある?|看護師の本音アンケート

今だから話せる!みんなの失言エピソードを5つご紹介。 [ 記事を読む ]

術前の呼吸訓練

呼吸訓練。やりすぎると逆効果に!? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

体調不良でお休みの連絡をしたとき、あなたの勤務先の対応は?

投票数:
1273
実施期間:
2019年02月26日 2019年03月19日

術後せん妄について、どれくらい知ってる?

投票数:
1262
実施期間:
2019年03月01日 2019年03月22日

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1154
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1145
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1048
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
846
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者87

全身麻酔下で長時間の手術を受け、侵襲が加わった患者さんに対する栄養管理について正しいのはどれでしょうか?

  • 1.生体に侵襲が加わると必ず供給される内因性エネルギーは、筋タンパク質異化により供給されるアミノ酸を基質とした糖新生のことである。
  • 2.侵襲が加わった患者さんへのエネルギー供給は、「内因性エネルギー+外因性エネルギー=TEE(一日総消費エネルギー量)」となるように供給する。
  • 3.Overfeedingとは、過剰エネルギー投与のことだが、侵襲下のOverfeedingが引き起こされる代謝性有害事象には1)高血糖と2)栄養ストレスの2つがある。
  • 4.侵襲が加わった患者さんに外因性エネルギー供給である栄養投与を行うと、ホルモン・サイトカイン環境に直接作用して侵襲反応を軽減する。
今日のクイズに挑戦!