1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ワンポイント生理学>
  4. 熱放散|体温とその調節

2016年11月06日

熱放散|体温とその調節

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。

〈前回の内容〉

熱産生|体温とその調節

今回は、熱放散について解説します。

片野由美
山形大学医学部名誉教授
内田勝雄
山形県立保健医療大学名誉教授

 

〈目次〉

 

Summary

  • 熱放散には対流、伝導、輻射および蒸発がある。
  • 蒸発以外の熱放散は、高温側から低温側に熱が移動する物理的な現象である。
  • 外界温が体温より高いときでも有効な熱放散は発汗だけである。
  • 発汗は交感神経の刺激で起こるが、例外的にコリン作動性である。

 

熱放散の種類

熱放散には、①対流(convection)、②伝導(conduction)、③輻射(ふくしゃ)(radiation)および④蒸発(evaporation)がある。①~④は生体にかぎったことではなく、物質とその周囲に温度差があれば起こる物理的現象である。

すなわち、①は温度をもつ物質の周囲に流体があれば熱が奪われること、②は温度をもつ物質がより低温の物質に接していれば熱が低温側に移動すること、③は温度をもつ物質が真空中でも電磁波の形で熱を放散することである。

また、④は液体が気化するときに物体から奪う気化熱(蒸発熱)(evaporation heat)であり、これも生体固有のものではない。発汗(sweating)は④の特殊なものと考えることができる。熱産生に応じて発汗して、対表面からの水分蒸発を促進させるので発汗だけは生体固有の機能である。

また、①~③は、外界温が体温よりも高いときは起こらないが、発汗だけは外界温が体温より高くても湿度が低ければ起こりうる熱放散である。

 

安静時の熱放散に占める割合

24℃における安静時の熱放散に占める割合は、対流および伝導が約10%、輻射が約67%、蒸発が約23%であるが、暑熱下では気道および皮膚からの蒸発が増加して、対流、伝導および輻射が約10%、蒸発が約90%になる(黒島晨汎:環境生理学.第2版、理工学社、1993)。

 

発汗の神経支配

発汗は交感神経(sympathetic neuron)の刺激で亢進するが、節後線維末端から分泌される神経伝達物質が通常の交感神経と異なりアセチルコリン(acetylcholine)である(コリン作動性神経 cholinergic nerve)(図1)。

図1発汗の神経支配

発汗の神経支配

(●は脊髄)ニコチン性、ムスカリン性はアセチルコリン受容体の分類

これは通常の交感神経のようにノルアドレナリン(noradrenaline)が分泌されると血管収縮が起こり熱放散に不利なためである。

身近な動物で発汗が見られるのはウマであるが、ウマの発汗はアドレナリン作動性(adrenergic)の交感神経で調節される。ヒトの発汗機能はより進化してコリン作動性になったと考えられる。

 

NursingEye

交感神経の節後線維は、各脊髄分節から出てすぐに交感神経節でシナプス(synapse)を形成する。副交感神経は神経節が臓器の近くにあるという特徴がある。交感神経のうち、副腎に入っている交感神経にはシナプスがなく、副腎髄質にあるニコチン性アセチルコリン受容体にアセチルコリンが結合すると、アドレナリンが分泌される。図1はそのことを模式的に示している。

 

〈次回〉

発汗|体温とその調節

⇒〔ワンポイント生理学〕記事一覧を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 図解ワンポイント 生理学』 (著者)片野由美、内田勝雄/2015年5月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 平均皮膚温と平均体温|体温とその調節 [11/13up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 発汗|体温とその調節 今回は、平均皮膚温と平均体温について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立... [ 記事を読む ]

  • 発汗|体温とその調節 [11/11up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 熱放散|体温とその調節 今回は、発汗について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学名... [ 記事を読む ]

  • 熱放散|体温とその調節 [11/06up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 熱産生|体温とその調節 今回は、熱放散について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学...

  • 熱産生|体温とその調節 [11/04up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 電子伝達系|栄養と代謝 今回は、熱産生について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学... [ 記事を読む ]

  • 電子伝達系|栄養と代謝 [11/04up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 TCA回路|栄養と代謝 今回は、電子伝達系について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 言語障害に関するQ&A [12/18up]

    『看護のための症状Q&Aガイドブック』より転載。 今回は「言語障害」に関するQ&Aです。 岡田 忍 千葉大学大学院看護学研究科教授   〈言語障害に関連する症状〉   〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

  • 腹痛に関するQ&A [10/30up]

    『看護のための症状Q&Aガイドブック』より転載。 今回は「腹痛」に関するQ&Aです。 岡田 忍 千葉大学大学院看護学研究科教授   腹痛の患者からの訴え 「おなかが痛みます」 ... [ 記事を読む ]

  • 悪心・嘔吐に関するQ&A [10/23up]

    『看護のための症状Q&Aガイドブック』より転載。 今回は「悪心・嘔吐」に関するQ&Aです。 岡田 忍 千葉大学大学院看護学研究科教授   悪心・嘔吐の患者からの訴え 「気持ちが悪いです」 ... [ 記事を読む ]

  • 熱が下がるとき、汗が出るのはなぜ? [04/19up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は解熱時の発汗に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   熱が下がるとき、汗が出るのはなぜ? 体温調節中枢の調節レベルが、正常状態に... [ 記事を読む ]

  • 病棟での発熱、チェックすべき症状と医師への報告のポイント [06/15up]

    『エキスパートナース』2015年1月号<臨床の裏ワザ・裏知識>より抜粋。 病棟での発熱、チェックすべき症状と医師への報告のポイントについて解説します。   髙岸勝繁 (医療法人社団淀さんせん会 金井病院 総合診療科)... [ 記事を読む ]

いちおし記事

「急性期ベッドが減る」って本当に本当なの?|看護roo!ニュース

次の改定、7対1看護の条件がさらに厳しくなるかも!?なぜかというと… [ 記事を読む ]

与薬原則の6つのR、言える?

与薬のミスを防ぐために…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師のお給料って安くないですか?

投票数:
1287
実施期間:
2019年06月28日 2019年07月19日

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1196
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1093
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
999
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
920
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
632
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4670

以下の中で、羊水過多の原因はどれでしょうか?

  • 1.妊娠糖尿病
  • 2.妊娠高血圧症候群
  • 3.Potter症候群
  • 4.胎児機能不全
今日のクイズに挑戦!