1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. どれが正解? 点滴ルートの固定方法>
  4. 点滴ルートの固定方法【5】|小児の手背に固定する場合

2018年10月24日

点滴ルートの固定方法【5】|小児の手背に固定する場合

前回までは成人の場合での点滴ルート固定方法を取り上げました。

今回は、小児の場合についてご紹介します。

 

どれが正解? 点滴ルートの固定方法

Vol.5 小児の手背に固定する場合

タイトル:末梢静脈カテーテル固定の正解は?|血管内留置カテーテルのガイドラインをわかりやすく解説!

〔執筆〕 白石弓夏 看護師

〔監修〕 中谷佳子

川崎市立多摩病院(指定管理者 聖マリアンナ医科大学)

医療安全管理室 感染管理認定看護師

〔イラスト〕 かげ 看護師

 

点滴ルート固定で外せないポイント

さまざまなバリエーションを見ていく前に、今回も点滴ルート固定で最低限必要な条件を見ていきます。

 

  • 針とラインがしっかり固定される
  • ラインが閉塞しない
  • 刺入部の観察ができる

これに加えて、小児の場合に留意すべきことは何でしょうか。

 

 

なぜ小児のルートは手背にとるのか

小児(特に、乳幼児~未就学児)のルートは手背にとるのが一般的です。

皮下脂肪が厚いため、前腕などの静脈がわかりづらいこと、血管が細いことが理由です。

 

また、前腕の神経に触れてしまったとしても、しびれや麻痺などの訴えがうまくできないため(刺入時に泣く場合が多いので)、手首付近は避けることも重要です。

(参考記事:手首付近はキケン? 静脈注射で6100万円の支払い命令

 

 

小児のルート固定が成人よりも厳重になる理由

手背にルートをとると、手首を動かすことにより点滴が落ちにくくなるリスクや、針が抜けるリスクがあります。

 

そのため、関節を厳重に固定します。

 

 

小児の固定方法については現在も検討中

これまで、固定には主にシーネが用いられてきましたが、小児の行動を制限してしまうことや、拘束感による苦痛、皮膚トラブルのリスクなどから、「シーネが最善の方法なのか」については長年議論がなされています。

 

しかし、上述の原則である「針とラインがしっかり固定される」「ラインが閉塞しない」「刺入部の観察ができる」といった条件を満たし、費用面の課題も解決できる方法は、シーネのほかに多くはありません。

 

固定バンドなど、シーネを使わない方法をとれればいいのですが、そうもいかない現状を鑑みて、シーネを使う場合に推奨される方法を紹介していきます。

 

なお、シーネの交換時期等を含め、病院の方針やマニュアルを確認した上で実践してみてください!

 

 

シーネ選び

シーネ選びのポイントをまとめた図。ポイントは、1.腕と同じくらいの太さ 2.指先から肘の手前までの長さ である。

 

シーネ選びのポイントは、

・腕と同じくらいの太さ

・指先から肘の手前までの長さ

であることです。

 

手首の関節を固定するためには、手首から前腕にかけてある程度の長さがないと、シーネが不安定になります。

しかし、肘にかかると肘の可動域を狭めてしまうので、指先から肘より短い長さのシーネを選びます。

 

そして、手首の部分で少し折り曲げておきましょう。

手首の良肢位を保つための工夫です。

実際に患児の手に当てて、長さや角度を調整しましょう。

 

 

テープ固定

テープ固定のポイントをまとめた図。1. 針の部分は細いテープをたすきがけするなど、抜けづらい工夫を 2. 刺入部にはガーゼクッション材を使用(角度が変わらないように/摩擦による痛みの緩和)3. ドレッシング材で補強すること。

 

テープ固定のポイントは、

・針の部分は細いテープをたすきがけにするなど、抜けづらい工夫を

・刺入部にはガーゼクッション材を使用(角度が変わらないように/摩擦による痛みの緩和)

・ドレッシング材で補強

です。

 

刺入部は、無菌操作が原則です。

しかし小児の場合、透明ドレッシング材だけでは、刺入部を触ったり管を引っ張ったりして針が抜けるリスクがあります。

 

そのため、細いテープをたすきがけにして補強するケースもあります。

その後は、接続部のところにガーゼやクッション材を敷き、成人と同様に、透明ドレッシング材やテープなどで固定します。

 

 

シーネ固定1)基本

シーネで固定する際のポイントは、

・指の付け根、手首、肘の順番に、3点で固定すること

・親指はシーネから出し、ほか4本の指をシーネとの隙間がないように固定すること

・皮膚に過度なつっぱり(テンション)がかからないように注意すること

です。

 

3点をテープで固定したあと、シーネにズレがないか確認します。

 

シーネで固定するときの順番。①親指は出して、テープを直接②本くらい巻く。②手首を固定する。③シーネの端を固定する。

 

シーネ固定2)ロールガーゼの使用

シーネを固定する際、テープのみで固定すると皮膚トラブルの原因となる場合があります。

そこで、肘側と手首はガーゼなどを当ててからテープで固定する方法も考えられます。

 

また、肌に当たる部分のみテープの裏面にさらにテープを貼るなど、粘着面が直接皮膚を傷つけない工夫をする病院もあるようです。

 

ロールガーゼの使用方法を表すイラスト。ガーゼの端を丸め、腕とテープの間にガーゼを挟むことで、腕とシーネの隙間を埋められ、皮膚トラブルも防ぐ事ができる。

 

シーネは平らですが、腕は円形です。

そのため、腕とシーネが接する面に隙間ができやすいので、その隙間を埋めるようにガーゼを使う方法です。

 

 

シーネ固定3)包帯の使用

長期間、シーネをテープで固定していると蒸れて皮膚トラブルにつながるリスクがあります。

そこで、親指と指先が出るように包帯で巻いていきます。

 

包帯ではなく、イラストが入ったカバーなどを使う施設もあるようです。

 

シーネ固定時の包帯の使用について説明する図。蒸れて皮膚トラブルになることがないよう、包帯で巻く、イラストが入ったカバーなどを使う施設もある。

 

 

シーネを使用しない場合

シーネを使用せず、点滴固定専用バンドを用いる方法があります。

 

シーネを使用しない場合の固定法を説明する図。点滴固定専用バンドを用いている。

 

点滴固定専用バンドを用いる場合には、シーネよりも行動が制限されず、皮膚トラブルのリスクが減ると言われています。

 

施設の方針を確認してみてください。

 

 

自己抜去防止のさまざまな工夫

小児の場合、自己抜去の防止も重要な観点です。

刺入部をいじってしまう患児も多いので、市販のプロテクターなどを使用する方法があります。

 

点滴の自己抜去防止のための工夫を紹介。刺入部をプロテクタータイプで保護する。

 

そのほかにも、包帯がずれて刺入部が見えないようにテープをたてに貼る方法や、自作のカバーを用いる方法など、施設によってさまざまな工夫がなされているようです。

 

点滴の自己抜去防止の工夫を説明する図。①テープを縦にはる ②自作カバー

 

■専用カバーを自作する方法

・生理食塩水(100mL)の広い面をカットします。

・患児の手に合わせて、大きさを調節します。

・危険がないように、角を丸くカットし、テープで補強・保護します。

 

自作カバーの作り方を説明する図。100ml生食の広い面をカットする。角を丸くカット、テープピングのテープでまわりを補強する。自作カバーは患者さんの手の大きさにあわせて調節できる。

 

 

おわりに:強く固定しすぎることにも注意を

小児の場合、発達段階などによって個人差が大きく、施設ごとにさまざまな工夫をしているのが現状です。

しかし、ガイドラインに沿った無菌操作と、最初に挙げた「外せないポイント」は守る努力をする必要があります。

 

また、自己抜去や患児の動きによって抜けてしまうことを恐れるあまり、強く固定しすぎなることにも注意が必要です。

 

行動制限につながっていないか、拘束感による苦痛を感じていないか、などに注意しながら実践してみてください。

 

 

■参考文献

1)日本褥瘡学会:医療関連機器圧迫創傷の予防と管理.第10章 小児:点滴固定用シーネ,2016年5月25日発行

 

2)山内紀代美・竹内恵子・神農祐子,他:小児の持続を点滴固定法の改良―シーネを使用しない固定法―,第38回日本看護学会論文集(小児看護),2007: p206-208.
 

3)名合理栄・中新美保子・鶴岡裕美,他:国内文献の概観からみた小児の点滴固定方法に関する検討,第38回日本看護学会論文集(小児看護),2007:p41-43.

 

★あなたの施設のやり方を募集★

今回の記事を読んで、あなたはどう思われましたか?

ご感想や意見・質問のほか、「私はこうやってる!」「こんなふうにしているけど、これはOK?」「こういう工夫でもっとよくなりますよ!」など「あなたの施設のやり方」をコメント欄へどしどしお寄せください。

 

 

【監修者 プロフィール】

中谷 佳子(なかたに・よしこ)

1997年 聖マリアンナ医科大学病院 入職

2006年 川崎市立多摩病院(指定管理者 聖マリアンナ医科大学)へ異動

2008年 感染管理認定看護師 取得

2008年~ 感染対策専従看護師

2013年 東京医療保健大学大学院 医療保健学研究科 修了(感染制御学修士)

 

【イラスト:かげ】Twitter

総合病院で働き、絵を描く看護師です。医療の勉強に役立つ(てほしい)絵や仕事でのほっこり話などをTwitterでつぶやいています。

 

編集/坂本綾子(看護roo!編集部)

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでます

静脈内注射の各種ライン(CV、末梢静脈)の ポイント|輸液ラインの「こんなときどうする?」

この連載

  • 【7】困ったときの点滴固定方法4つのQ&A  [02/27up]

    この連載では、点滴ルートの固定方法について多様なバリエーションとコツをご紹介します。 今回は、編集部に寄せられた疑問にQ&A方式でお答えします! 〔執筆〕 白石弓夏 看護師 〔監修〕 中谷佳子 川崎市... [ 記事を読む ]

  • 【6】小児の足背に固定する場合 [01/11up]

    前回は、少し特殊な小児の点滴固定(手背)についての内容でした。 引き続き小児を取り上げ、今回は足背への固定方法について紹介します。   どれが正解? 点滴ルートの固定方法 Vol.6 小児の足背に固定する場合... [ 記事を読む ]

  • 【5】小児の手背に固定する場合 [10/24up]

    前回までは成人の場合での点滴ルート固定方法を取り上げました。 今回は、小児の場合についてご紹介します。   どれが正解? 点滴ルートの固定方法 Vol.5 小児の手背に固定する場合 〔執筆〕 白...

  • 【4】血管内留置カテーテルのガイドラインをわかりやすく解説! [07/19up]

    この連載では、点滴ルートの固定方法について多様なバリエーションとコツをご紹介します。 今回は、その中でも末梢静脈カテーテル固定について、ガイドラインの内容を解説です。   どれが正解? 点滴ルートの固定方法 ... [ 記事を読む ]

  • 【3】点滴ルート固定「どうしても落ちないとき」のガーゼの使用や刺入の工夫 [06/13up]

    この連載では、点滴ルートの固定方法について多様なバリエーションとコツをご紹介します。   どれが正解? 点滴ルートの固定方法  Vol.3 「どうしても落ちないとき」のガーゼの使用や刺入の工夫 〔執筆... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

電池切れ|マンガ・ぴんとこなーす【226】

夜勤明けあるある!夜勤ハイがずっと続くと思いきや… [ 記事を読む ]

【イラストで解説!】消化器系の解剖生理

胆汁は胆嚢から放出されます。では、胆汁を作るのはどこでしょう? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

TV番組、毎週どれだけ録画してる?

投票数:
1275
実施期間:
2019年05月31日 2019年06月21日

院内のジンクス教えて!

投票数:
1114
実施期間:
2019年06月04日 2019年06月25日

4番目に大切な人は?

投票数:
1089
実施期間:
2019年06月07日 2019年06月28日

「採血が難しい血管」選手権!

投票数:
1012
実施期間:
2019年06月11日 2019年07月02日

勤務先にめずらしい福利厚生、ある?

投票数:
890
実施期間:
2019年06月14日 2019年07月05日

エンゼルケアどこまでやっている?

投票数:
2149
実施期間:
2019年06月18日 2019年07月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者210

過敏性腸症候群のRome Ⅲ診察基準では、「半年以上前から腹痛や腹部不快感を繰り返し、特に最近3カ月は、月のうち3日以上ある」という症状のほか、3つの項目が当てはまることとされています。下記の選択肢のうち、その3つの項目に当てはまらないものはどれでしょうか?

  • 1.腹痛や腹部不快感は、排便すると軽くなる。
  • 2.症状とともに排便の回数が増えたり減ったりする。
  • 3.症状とともに便の形状が以前と変わった(柔らかくなったり硬くなったりする)。
  • 4.症状とともに発熱のような随伴症状、もしくは血便が見られる。
今日のクイズに挑戦!