1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. メイクセラピスト兼ナースにインタビュー!【前編】看護師だからこそできるメイクセラピー

2013年10月18日

メイクセラピスト兼ナースにインタビュー!【前編】看護師だからこそできるメイクセラピー

突然ですが、「メイクセラピー」ってご存知ですか?

 

 

メイクセラピーとは、心理カウンセリングの技法とメイクを組み合わせた化粧療法のこと。

 

一般的なメイクとは何が違うのでしょうか。

 

「単に外面をきれいにするためのメイクとは違い、カウンセリングによって、クライアントの『なりたい自分像』を具体的に引き出します。

 

その上で、内面のイメージをメイクで表現します。メイクによって、新しい自分、今までの自分を認めてあげることができるようになってもらえるようにお手伝いをすることが、私たちメイクセラピストの仕事です」

 

そう話してくれたのは、『studio jun』のメイクセラピスト、豊永純子さん。

豊永さんは、介護施設で勤務する現役看護師でもあります。

 

今回は、看護師とメイクセラピスト、二足のわらじを履く豊永さんにお話を伺ってきました。

 

 

「なりたい自分」に気づいてもらうことがメイクセラピー

豊永さんのサロンには、たくさんの女性が訪れますが、看護師さんも多く足を運んでいるとか。

 

実際のメイクセラピーは、どのように行われるのでしょうか。

 

豊永さんの場合、まず最初に、クライアントに『どういう女性になりたいのか』を必ず伺います。『メイクセラピーによって変わりたい自分』をイメージしてもらうためです。

 

 

例えば、ある看護師Aさんは、『周囲から信頼される女性になりたい』という思いを抱えていました。それが具体的にどういうことか、カウンセリングを通して明確にしていきます。

 

カウンセリングの結果、Aさんは、看護師の同僚と自分の『成長スピードの差』に自信をなくしていたのだとわかりました。

 

看護師として、周囲の看護師の方が自分よりも3歩先をいっているような気がする・・・。自分自身も、周囲の看護師と同じスピードで成長し、信頼される看護師にならなきゃ・・・という焦りこそが、悩みの本質であると自覚できたのです。

 

「メイクセラピーでは、カウンセリングを通じて、話を掘り下げて伺うことで、ご自身でも気づいていなかった、本当の自分の気持ちに気づいていただくようにしています。

 

その際に、アドバイスなどは行いません。あくまでも自分の言葉で振り返りながら、自分自身の『本当になりたい自分』に気づいてもらうことを大切にしています」

 

また、豊永さんは、カウンセリングを行うのと同時に、印象分析も行います。

 

話し方や口癖、姿勢などのコミュニケーションの取り方から、『周囲にどういう印象を与えているか』を分析し、その結果をフィードバックします。

 

カウンセリングと、印象分析を通じて、『なりたい自分像』と『周囲からの自分の印象』を合わせて理解してもらうことが、メイクセラピーの真髄。

 

最終的にAさんは、自分と周囲を比べることをやめ、「焦らずに、自分のペースでがんばっていこう」と、自分自身を認めることができました。

 

 

そして、いよいよメイクへ。

 

周囲からの信頼感を集められるように、全体的にキリッとした印象を与える色を選択しメイクを施すことにしました。

 

この時、豊永さんは顔の半分にしかメイクを行いません。もう半分は、実際にAさんにその場で練習して、1人でもメイクができるように、技術指導を行うそう。

 

メイクが終わった後、Aさんは、「私もこんなキリッとした表情になれるんだ!」と驚き、「このメイクなら、信頼感のある女性に近づけるような気がします」と話していたそうです。

 

こんな風に、クライアントが「なりたい自分像」に自ら近づけるよう、メイクを通してお手伝いするのが、メイクセラピーなのです。

 

『仕事スイッチ』が入れば忙しさも乗り切れる

プロフィールを拝見する限り、メイクセラピー、講師、そして看護師としての仕事と、かなり忙しい様子の豊永さん。

 

両立は大変ではないですか?

 

「確かに大変ですが、昔から『仕事スイッチ』が入ると、何でも乗りきれちゃうところがあって(笑)。

 

何より、人と会って話したり、触れたりして、コミュニケーションを取ることが私にとって一番うれしくて充実した時間なんです。だから、看護師とメイクセラピーの仕事、どちらも天職だなって思ってます」

 

さすがに夜勤明けで企業研修のアシスタント講師をした時は、疲れ切って、帰りの電車で爆睡してましたけれど・・・、と笑いながら付け足してくれました。

 

昨年からフェイシャルとボディエステも始めたそうです

 

後編では、豊永さんがメイクセラピストを目指したきっかけや、2つの仕事に共通する「ケアをすること」についての思いを語っていただきます。お楽しみに!

 

【後編】2つの仕事を通して追求する「ケアの道」

 

【看護roo!編集部】


【プロフィール】豊永純子さん

メイクセラピスト兼看護師。NPO法人日本人材教育協会メイクセラピー検定事務局認定メイクセラピストとして、自宅にオープンした『studio jun』でメイクセラピーやアロマエステを行う。また、看護大学での講義や、企業の女性向けイメージアップや、印象管理研修、の講師としても活躍。看護師としては、総合病院の手術室に勤務した後、メイクセラピストとしての活動と並行しながら病院で勤務。現在は介護老人保健施設で勤務している。看護師歴19年。

 

豊永さんのお店のHP

【studio jun】

http://studiojun.jp/

スタジオでのメイクセラピーをはじめ、看護大学での講演や印象管理のメイク研修等も行っています。

 

【看護roo!限定特典】

初回メニュー10% OFF!

 

ご予約の際、『看護roo!を見た!』とお伝えいただければ、メイクセラピー、美肌小顔フェイシャルトリートメント、バンブーアロマトリートメント、アロマタッチのメニュー全て初回10%OFFとなります。 

 

【studio junブログ】

http://ameblo.jp/atelier-lilywhite/

【鬼看護師から仏の看護師への転身】

http://ameblo.jp/nurse-junko/

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(33)

33匿名2014年05月03日 03時57分

いいですね。

32匿名2014年01月05日 00時43分

天職と言えるような仕事ができることに尊敬します

31匿名2013年10月30日 06時50分

メイクセラピー、してほしいなあ

30匿名2013年10月29日 17時26分

気分って大事ですよね。

29えり2013年10月29日 12時16分

知らなかったです!

28さーちゃん2013年10月24日 11時23分

やってみたいです。

27匿名2013年10月23日 22時08分

メイクの力って素晴らしいですね。

26とくめい2013年10月21日 22時36分

お近くにいらっしゃったら、お世話になりたいです

25匿名2013年10月21日 13時02分

初めて聞きました。
素敵です

24ちゑ子2013年10月20日 23時06分

いいですね

23匿名2013年10月20日 21時31分

メイクで自信をつける事も出来るんですね

22匿名2013年10月20日 21時05分

うけてみたいかも

21匿名2013年10月20日 19時09分

メイクで気持ちがかわりますもんね。

20匿名2013年10月20日 18時14分

ステキですね。

19匿名2013年10月20日 17時31分

すごいです

18匿名2013年10月20日 12時20分

メイクしないので、すると何か変わるのかなってちょっと興味が。

17匿名2013年10月19日 09時55分

初めてしりました。メイクって奥深いんですね。受けてみたいです。

16しゃけ2013年10月19日 09時31分

美しさだけでなく、気持ちの輝きまで貰えるなんて、ステキです。

15匿名2013年10月19日 00時19分

メイクセラピー、最近興味があったので、とても参考になりました。
アロマなど、手広くて精力的ですね。
後半が楽しみです。

14yumiyumi2013年10月19日 00時18分

すごい。尊敬します。

関連記事

いちおし記事

産婦人科(産科・婦人科)看護師のお仕事とは?

産科にも看護師ならではのやりがいがたくさん!現場のリアルな声をご紹介します。 [ 記事を読む ]

閉鎖式気管吸引と開放式気管吸引、違いは何?

ポイントは、「吸引時に待機に開放するかどうか」です。 [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

人生の最期に食べたいものは?

投票数:
806
実施期間:
2018年01月02日 2018年01月23日

これは面白いと思う、医療がテーマの小説は?

投票数:
891
実施期間:
2018年01月05日 2018年01月26日

経口で摂取する栄養剤、食べた(or飲んだ)ことある?

投票数:
693
実施期間:
2018年01月09日 2018年01月30日

鎮痛薬・胃腸薬、常備してる?

投票数:
661
実施期間:
2018年01月12日 2018年02月02日

後輩にオススメしたい看護がテーマの書籍は?

投票数:
461
実施期間:
2018年01月16日 2018年02月06日

カーディガンの色、どれが好き?

投票数:
323
実施期間:
2018年01月19日 2018年02月09日

看護師へのタスク・シフティング、「もうやってるよ!」な業務は?

投票数:
478
実施期間:
2018年01月19日 2018年02月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者498

92歳の男性患者Aさんは誤嚥性肺炎で入院中です。全身の掻痒感が強く、ステロイド入り軟膏が処方されました。その後、Aさんの手掌は肥厚し、白く乾燥が強くなったため、疥癬を疑い、皮膚の顕微鏡検査にて角化型疥癬と診断されました。胸部には、掻痒感が強かったことによる掻き傷が数カ所に見受けられ、疥癬トンネルも確認されました。この後看護師が行う対応で、最も適切なものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.同室患者さんの皮膚状態を観察し、同室者全員への疥癬治療を検討する。
  • 2.Aさんの隔離は、皮膚症状が改善した時点で解除する。
  • 3.病室の清掃は落屑が飛び散らないよう、掃除機のみで行う。
  • 4. Aさんを隔離する場合、隔離後の寝具交換は、隔離前と同じタイミングで良い。
今日のクイズに挑戦!