1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. もっともっとやれるナースの力>
  4. コミュニティナースはどうやって人と人をつなぐのか?|マンガ・コミュニティナースの仕事【2】

2017年04月27日

コミュニティナースはどうやって人と人をつなぐのか?|マンガ・コミュニティナースの仕事【2】

(前回のお話は▶こちら

もっとやれるナースの力・コミュニティナースその2

Vol. 2 コミュニティナースはどうやって人と人をつなぐのか?

漫画家でナースの明です。今回は町の中の看護師さん・コミュニティナースの取り組みに同行してきました。

場所は、文京区関口我楽田工房。

入り口に置いてある竹で作られた大きな置物に疑問に思いながら、中に入ると、すでに大盛り上がり。

あまりにもにぎやかで驚いていると、「こんにちは、佐藤です」とコミュニティナースの佐藤さんが声をかけてくれました。

「これは一体…?」と聞くと、佐藤さんは「お料理教室です。町の料理人の方が教えながら作ってくれて。」そこには近所の小学生も参加しています。

「最初はだれもこの場所のことも私のことも知らなかったんですけどね。」という佐藤さん。おいしいものがあるよと誘ったり、コミュニティナースがモチつき大会に出て存在を知ってもらったりと、工夫をしたそうです。

「活動を通してつながった近所の方だけでなく、コミュニティナースや我楽田工房のスタッフ。近所の子どもたちがあつまってるんですよ」と笑顔の佐藤さん。明はおいしくご飯をいただきました。

「本当はこのあと、屋台を引いて町の中を回る予定だったんですが…」と言う砂糖さんに「屋台?」と明が聞くと「あれです」と指差されたのは入り口で見つけた謎の竹細工でした。

茨城の職人さんに教えてもらって機能作ったんです。という佐藤さん。

雨天のため、町を回るのは厳しく、日本舞踊の教室を見学しに行くことになりました。「今やってるって教えてくれた方がいて」という佐藤さんに小さい子たちも皆ついてきます。

「行き当たりばったり出大丈夫かな?」と明が思っていると、佐藤さんは日本舞踊に参加していたりとなじんでいるようです。

扇子の開き方を教えてくれる先生に、最高年齢の生徒は96歳、最少年齢の生徒は5歳といろんな人がいます。

緊張する5歳の生徒に、にぎやかな方がハリがあっていいわよ。と盛り上がりました。

明は文京区ってもっと都会的なイメージがあったけれど、人のコミュニティが密接なこんな場所があったなんてと驚きました。

どういったつながりなのか聞いてみると、自治会長さんが「居酒屋で何かしたいって話して…」日舞なら教えられるって、先生が言い出して、生徒さんが集まったそう。

最初は誰も知らなかったって言ってたのに、コミュニティナースは、たしかに『ハブ』になってる!

外に出てみると、雨がやんでたので、佐藤さんが「屋台行きますか!」と提案し出動。

商店街の人たちにコーヒーや生姜湯を配って声をかけながら、コミュニティナースや地域のイベントを知ってもらう。人と人をつなぐための第一歩である。

そして今度こそ帰り道。

寄り道した居酒屋さんは、住宅街の真ん中にあって、開店当初は周辺の住人さんから少し怖がられていたそう。そんな時佐藤さんたちは、住人を招いて居酒屋さんでイベントを開催。その結果…

住民から「安心できた・またくるよ」などと声をかけられるなど、安心と繋がりづくりに貢献できた。

また、イベントごとに保健室を開催。健康相談を受けるだけでなく、新たな綱g利も生まれた。

町の人たちがつながって楽しい時間を共に過ごす。

その中で小さな変化に気づき、助け合って健康になっていく。その輪の中にいるコミュニティナースはステキだなと思いました。

次回は、今回案内してくれた佐藤さんの来歴と、コミュニティナースの事業についてお送りします!

【取材・マンガ】明(みん)

看護師・漫画家。沖縄県出身。大学卒業後、看護師の仕事の傍らマンガを描き始める。異世界の医療をファンタジックに描いたマンガ『LICHT-リヒト』1~3巻(小学館クリエイティブ)が好評発売中。趣味は合気道。

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

「フレイル」ってわかる?老年看護の新用語を解説

2018年の看護師国家試験から出題範囲に含まれた新用語群を解説します。 [ 記事を読む ]

頭痛の時に痛みを感じているのは脳?

見逃すとこわい「頭痛」。なぜ、痛みを感じるのか、どこを観察するかなどを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

EPA外国人看護師と協働したことある?

投票数:
619
実施期間:
2017年10月03日 2017年10月24日

あなたの通勤方法は?

投票数:
731
実施期間:
2017年10月06日 2017年10月27日

今年のハロウィンの予定は?

投票数:
628
実施期間:
2017年10月10日 2017年10月31日

退院調整看護師と協働したことある?

投票数:
551
実施期間:
2017年10月13日 2017年11月03日

自分が服用するなら、先発医薬品?後発医薬品?

投票数:
493
実施期間:
2017年10月17日 2017年11月07日

ホスピタルアートに興味ある?

投票数:
367
実施期間:
2017年10月20日 2017年11月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者287

Aさんは、精神療養病棟(開放病棟)に任意入院で入院中の50代の男性です。病名は統合失調症で、入院して8年が経過しています。現在、目立った症状はなく落ち着いています。最近、雑誌に付いているハガキや電話などで通信販売業者に頻繁に注文を繰り返しています。しかし、所持金が少ないため、商品が届いても支払いができず、その都度返品を繰り返しています。Aさんは家族や親族とは疎遠で、面会や連絡はここ数年、全くない状態です。Aさんに対し、看護師としてのかかわりで最も望ましいものは次のうちどれでしょうか?

  • 1.テレホンカードや筆記用具などをナースステーション管理とし、患者の申し出に応じて渡す。
  • 2.精神保健指定医の診察により、電話や郵便のやり取りは当面全て禁止とする指示を受ける。
  • 3.公衆電話機の設置していない閉鎖病棟へAさんを移動させ、入院形態を医療保護入院に変更する。
  • 4.Aさんに欲しいものを聞き、疎遠となっている家族に面会で持ってきてもらうように依頼する。
今日のクイズに挑戦!