1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. いまさら聞けない!ナースの常識>
  4. MRIの仕組み|いまさら聞けない!ナースの常識【10】

2012年12月28日

MRIの仕組み|いまさら聞けない!ナースの常識【10】

毎日の業務の中で触れているけど、『いまさら聞けない』ことってありませんか?

知ってるつもりで実は説明できない基礎知識や、ちょっと気になるけど調べるほどでもないな、なんてこと。

そんな看護師の素朴な疑問を、元看護師ライターがこっそり教えます。 

 


 

Vol.10 MRIの仕組み

MRIは腫瘍性疾患や椎間板ヘルニアなど、CTに比べてより詳細な情報を得る場合に威力を発揮する。たとえば脳梗塞発症後3時間以内は、血栓溶解療法の適応か否かを判定するのに有効といわれる。一方で検査時間が少々長いため、患者さんの状況によって検査可能かどうかも変わる。

看護師がMRI画像を完璧に読める必要はないが、その画像がどこを撮影したもので、何を見ようとしているのかは掴んでおきたい。

 

 

MRIの画像ができる仕組み

CTとMRIとの一番の違いは、MRIは放射線を使わない点。

人の体内にある水素の原子核は、いつもはバラバラな方向を向いている。ここにある一定の磁気を当てると、共鳴して一斉に一定の方向に向く性質を利用するのがMRI画像撮影装置だ。水素の原子核は方向転換する時に微弱な電波を出すので、MRI画像撮影装置はこれをキャッチし、その緩急を読み取ることで、骨や水分などを判断して画像化する。これを何度か繰り返すため、CTよりも時間がかかるのだ。

【看護roo!】看護師専用Webマガジン ステキナース研究所 | いまさら聞けない!ナースの常識【10】MRIの仕組み

図1 MRIにおける水素原子からの微弱電波発生の仕組み

 

 

MRI画像は撮影条件によって画像が違う

病院で良く見かけるMRI画像はいくつかの種類がある。

それぞれの特徴を簡単にまとめると、

  1. T1強調画像(以下T1):水は黒く、脂肪・造影剤は白く見えるので解剖学的構造が分かりやすい
  2. T2強調画像(以下T2):水が多い部分が白く、出血は黒く見えるため急性期の病変が分かりやすい
  3. FLAIR画像:病変部位の水分だけを強調
  4. 拡散強調画像:本来あるはずの水の動きが止まった部分を強調=脳梗塞の急性期診断に有効
  5. MR血管撮影:血管だけを抽出するので、血管自体の閉塞や新生血管が分かる

 

例えば、脳梗塞の急性期はT1、T2、FLAIR、拡散強調画像まで並べて見ると、梗塞部位が明確に分かる。しかし発症後数時間のCTではここまでは分からない。他にも椎間板ヘルニアの場合、T1とT2を並べるとヘルニアの程度(飛び出し度)が分かりやすい。

 

 

画像を見るときのポイントいくつか

脳と脊椎の画像は、正常と異常が比較しやすいと思う。

 

:横スライス(水平断面)の場合、基本は左右対称、不対象な部分には何かしらの異常があると考えてみるが、全く同じ形に見えても撮影方法が違うと違う姿が見えてくるのがCTとは違うところ。

T1:より鮮明なCT画像のような感じ。

T2:T1画像と比較すると、白と黒が反転して見える。

FLAIR画像:脳実質の写り方や、骨が真っ白に見えるが、鮮明さはCTに近い感じ。

拡散強調画像:骨や硬膜は写らず、脳実質だけがぼんやり見える。

MR血管撮影:上記4つとは違い血管の走行が分かる。本来あるはずの血管が写っていなければ梗塞などで血流が途絶えたと考える。

脳梗塞の急性期はT1、T2だけでは分かりにくいが、FLAIR画像まで見ると大体分かる。

 

脊椎:ヘルニアの診断では、縦スライス(矢状断面)で見ることが多い。通常は向かって左が腹側、右が背側。大体中央あたりに縦に長方形が積み重なって見えるのが、脊椎(椎体の断面)。脊椎はまっすぐではないが、頸椎は「<」、胸椎は「>」、腰椎は「<」の方向にゆるやかにカーブしている。

T1:骨はやや白く、椎間板はやや黒く見える。これらが整列した(整列していなければそこは異常)すぐ右側に、黒っぽく管状に見えるのが髄液・脊髄が入っている脊椎管。さらに右側には棘突起がある。

T2:骨や椎間板は、T1よりも若干暗く、脊髄は、髄液が反応して真っ白に、脊髄はややグレーに見える。

例えば椎間板が脊髄を圧迫する椎間板ヘルニアの場合、明らかに脊椎管が細かったり白い髄液が途絶えている箇所があったら、そこがヘルニアか?と考える。

 

慣れるまでは1種類の画像だけを見ても分かりにくいが、見慣れるとT2、FLAIR画像、拡散強調画像だけでも大体は分かってくる。まずは機会があれば脳か脊椎を眺めてみると分かりやすい。

 

【岡部美由紀】

この連載

  • 第三者評価 [01/25up]

    毎日の業務の中で触れているけど、『いまさら聞けない』ことってありませんか? 知ってるつもりで実は説明できない基礎知識や、ちょっと気になるけど調べるほどでもないな、なんてこと。 そんな看護師の素朴な疑問を、元看護師ライター... [ 記事を読む ]

  • ペースメーカーの仕組み [01/11up]

    毎日の業務の中で触れているけど、『いまさら聞けない』ことってありませんか? 知ってるつもりで実は説明できない基礎知識や、ちょっと気になるけど調べるほどでもないな、なんてこと。 そんな看護師の素朴な疑問を、元看護師ライター... [ 記事を読む ]

  • MRIの仕組み [12/28up]

    毎日の業務の中で触れているけど、『いまさら聞けない』ことってありませんか? 知ってるつもりで実は説明できない基礎知識や、ちょっと気になるけど調べるほどでもないな、なんてこと。 そんな看護師の素朴な疑問を、元看護師ライター...

  • 医療保険と介護保険 [12/14up]

    毎日の業務の中で触れているけど、『いまさら聞けない』ことってありませんか? 知ってるつもりで実は説明できない基礎知識や、ちょっと気になるけど調べるほどでもないな、なんてこと。 そんな看護師の素朴な疑問を、元看護師ライター... [ 記事を読む ]

  • CTの仕組み [11/30up]

    毎日の業務の中で触れているけど、『いまさら聞けない』ことってありませんか? 知ってるつもりで実は説明できない基礎知識や、ちょっと気になるけど調べるほどでもないな、なんてこと。 そんな看護師の素朴な疑問を、元看護師ライター... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(9)

9エグモ2017年11月27日 02時08分

MRIの装置を縦型に出来ないのは何故?
なぜ、作らないのか?

8匿名2014年02月07日 20時47分

全くわからない。。勉強しないと

7adathZittee2013年12月21日 09時16分

T12549
g9475
F2180

6Vefafforp2013年12月20日 14時04分

O2150
H9749
f994

5とくめい2013年10月02日 22時21分

勉強になりました。

4匿名2013年09月08日 12時41分

知らなかったー!

3のろみ2013年08月04日 21時57分

椎間板ヘルニアの診断のために撮りました。痛くて仰臥位で寝れないのに、長い時間仰臥位。加えて閉所恐怖症なので、超苦痛の検査でした。

2匿名2013年06月09日 10時30分

なるほどね~

1匿名2013年05月25日 23時09分

要らんときに撮っちゃってて、診療点数の加減で今必要でしょ!!ってときに撮影に踏み切れない先生がけっこういる。

関連記事

いちおし記事

高カロリー輸液は、中心静脈?末梢静脈?

ラインの使い分けに不安があるナース必見! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

院内のジンクス教えて!

投票数:
1227
実施期間:
2019年06月04日 2019年06月25日

4番目に大切な人は?

投票数:
1210
実施期間:
2019年06月07日 2019年06月28日

「採血が難しい血管」選手権!

投票数:
1170
実施期間:
2019年06月11日 2019年07月02日

勤務先にめずらしい福利厚生、ある?

投票数:
1090
実施期間:
2019年06月14日 2019年07月05日

エンゼルケアどこまでやっている?

投票数:
4991
実施期間:
2019年06月18日 2019年07月09日

東京オリンピックのチケット、当選した?

投票数:
956
実施期間:
2019年06月20日 2019年07月11日

「現場でのプレッシャーが半端ない!」選手権

投票数:
314
実施期間:
2019年06月25日 2019年07月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4262

COPDの急性増悪で入院中のAさん。Aさんの運動療法を開始するに当たり、「必須の評価項目」ではないものは、以下のうちどれでしょうか?

  • 1.呼吸困難(安静時、労作時)
  • 2.動脈血液ガス分析
  • 3.スパイロメトリー
  • 4.経皮的酸素飽和度(SpO2
今日のクイズに挑戦!