1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 新卒から訪問看護師を目指せるプログラム開始―畳の上で死ねない日本人の救世主になるか

2016年05月11日

新卒から訪問看護師を目指せるプログラム開始―畳の上で死ねない日本人の救世主になるか

世界一、病院で亡くなる人が多い日本

 

「畳の上で死ぬ」とは、古くから当たり前の死に方を表す慣用句として用いられてきた言葉です。

 

ですが実際には、日本人の死に場所はほとんどが「病院のベッド」です。

 

8割の人が病院で亡くなっていて、がん患者では9割以上にのぼるなど、現代の日本では自宅で亡くなる人は少数派です。

 

病院で亡くなる割合を諸外国と比較すると、アメリカではおよそ4割、フランスやオーストラリアでは6割など、50%前後の国が大半です。

 

日本はまさに世界一、病院で亡くなる人が多い国と言えそうです。

 

 

訪問看護師はわずか3%

病院におけるマンパワーなど医療資源が不足する中、看取りまで含めた在宅での療養を推し進める方針が以前から進められています。

 

在宅医療を支えるキーパーソンともいえる訪問看護ステーションの数は年々増加していて、2013年には全国でおよそ7,400の訪看ステーション、4万人の訪問看護師が活躍しています。

 

しかし割合でみると、訪問看護師は全就業看護師のうちわずか3%。高齢化が一気に進む2025年を乗り切るには、十分とはいえない状況です。

 

 

在宅での看取り率は訪看の数に比例―日本はどちらも低い

また各種調査によれば、訪問看護師が十分に活躍しているかどうかが、その国の在宅での看取り率に大きな影響を与えていることがわかります。

 

高齢化率や平均寿命が類似している諸外国の在宅死亡率を比較すると、スウェーデンでは51%超、オランダは31%、フランスは24%、日本は13%が自宅で亡くなっています(厚生労働省「諸外国の看取りデータ」より引用)。

 

これを、人口1,000人に対して訪問看護師が何人いるかで比較したところ、スウェーデンでは4.2人、オランダ2.7人、フランス1.2人、日本0.4人と、在宅での看取り率が高い国ほど、訪問看護師が活躍していることがわかりました(同上)

 

在宅死亡率 人口1,000人に対する訪問看護師数
スウェーデン 51% 4.2人
オランダ 31% 2.7人
フランス 24% 1.2人
日本 13% 0.4人

 

日本でもオランダやフランス並みに、在宅で亡くなることができる割合を30%程度まで引き上げるためには、約15万人の訪問看護師が必要と言われています。

 

 

新卒者にも訪看の道が開けるプログラム

数が少ないのはいくつかの理由が挙げられますが、そのうちの1つは、新卒者が訪問看護師になる道が閉ざされていることです。

 

医師や先輩看護師がいない中、1人で判断して行動することが求められる訪問看護師には、十分な病棟経験が必要であると言われています。

 

実際に、訪問看護師として働く人の年齢は、30代後半~40代以降が多く、結婚・出産で退職した看護師の受け皿という要素が強いことがわかります。

 

看護師自身も、「経験がないと訪問看護の道に進むのは不安」などという意識が強く、なかなか一歩を踏み出せない現状があります。

 

ところが、訪問看護師の絶対的な不足状況を受け、新卒者でも訪問看護師への道を考えられるような動きが出てきました。

 

その代表例が、日本看護協会が2月にまとめた「訪問看護入門プログラム」です。

 

訪問看護未経験者に向けて作られたこのプログラムは“新卒者”も対象です。訪問看護に興味のある人が誰でも受講でき、「はじめの一歩」となるように工夫されています。

 

プログラムの受講対象は次の通りです。

 

【新卒看護職】

看護学校を卒業直後で、実務経験のない看護職

 

【潜在看護職】

育児・介護等で実務を退いている看護職

 

【医療機関に勤務する看護職】

現在は医療機関などで働いているが、訪問看護にも興味がある看護職

 

【定年退職後の看護職】

セカンドキャリアとして訪問看護を選択する看護職

 

専門的な知識を習得することよりも、むしろ未経験者が「自分にもできそう」「やってみよう」というモチベーションを高められることを主な目的としています。

 

超高齢化の次に来るのは「多死社会」といわれています。

 

3人に1人が高齢者となる2025年問題、年間100万人近い人口が消滅する多死社会を乗り切る秘策は、訪問看護師の活躍をいかに引き出すかにかかっているのかもしれません。

 

【ライター:横井かずえ】

 

(参考)

訪問看護入門プログラム(PDF)(日本看護協会)

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(3)

3Mutil792016年05月11日 21時22分

Soy novato un saludo

2匿名2016年05月11日 10時33分

家で死にたいという気持ちが特にないです。

1匿名2016年05月11日 08時29分

訪問看護は大変なイメージがありますが教育体制があれば安心です

関連記事

いちおし記事

新人ナースと超ドSドクターの胸キュンドラマ『恋つづ』|上白石萌音インタビュー

上白石萌音×佐藤健のラブコメディ♡ ナース役初挑戦への想いを聞きました! [ 記事を読む ]

呼吸管理で聞く「ETCO2」って、なに?

ETCO2とは何かから、カプノグラムの異常波形まで、知っとこう! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたはおみくじを引きますか?

投票数:
1647
実施期間:
2019年12月31日 2020年01月21日

病院でお正月にちなんだ特別なことをした?

投票数:
1433
実施期間:
2020年01月03日 2020年01月24日

2020年の抱負教えて!

投票数:
1311
実施期間:
2020年01月07日 2020年01月28日

インフルエンザにかかったら、有休?欠勤?

投票数:
1237
実施期間:
2020年01月10日 2020年01月31日

あなたの病院で成功した画期的な「働き方改革」はある?

投票数:
1160
実施期間:
2020年01月12日 2020年02月02日

実録!? 私はこう太った!!!!

投票数:
1114
実施期間:
2020年01月14日 2020年02月04日

チェックしてる「勉強垢」ってある?

投票数:
402
実施期間:
2020年01月17日 2020年02月07日

あなたが作り出した「自分史上最低の料理」は?

投票数:
4
実施期間:
2020年01月21日 2020年02月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1238

◆泌尿器の問題◆以下のうち、オムツ・パッドの選択で正しい説明はどれでしょうか?

  • 1.夜間、尿量が多い患者さんなので、オムツ皮膚炎を予防するため、2~3時間ごとに尿取りパッドを交換した。
  • 2.介助があれば坐位が可能な患者さんなので、テープ式オムツを選択した。
  • 3.臥床状態の患者さんなので、テープ式オムツを選択した。
  • 4.尿漏れが多い患者さんなので、尿取りパッドを二重にして使用した。
今日のクイズに挑戦!