洗髪の実施方法(ケリーパッド) | 洗髪【2】

【監修】

札幌保健医療大学保健医療学部看護学科

教授 小島 悦子

 

「洗髪(ケリーパッド)」の実施

(1)ブラッシングで髪のもつれをほぐし、汚れを落としながら頭皮の観察をおこなう

 

(2)耳の中に水が入らないように耳栓をする

 

(3)目に水やシャンプーが入らないようにガーゼを当てる

⇒患者さんが希望しない場合は、目を閉じてもらう

 

(4)40℃±1度を目安に、患者さんの好みに応じて湯温を調整する

 

(5)患者さんに湯温を確認し、湯が顔や耳、背部に流れないように手を添えながら、頭皮と頭髪を湯で濡らす

 

 

(6)シャンプーを手掌に取り、両手に広げてから、頭皮と頭髪全体につける。振動が少なくなるように一方の手で頭部を支え、もう一方の手の指腹で適度にマッサージするように頭皮全体を洗う。洗う強さや掻痒感を確認しながら洗う

 

■ポイント■

生え際は、皮脂の分泌が多いので、念入りに洗う

 

(7)シャンプーが終わったら、泡を手で取り、手を洗い流しておく。泡を取り除くことで、洗い流しの湯量を少なくすることができる

 

 

(8)髪の生え際に手を沿えながら、湯をかけて洗い流す。排水路の反対側から洗うことで、洗い流した方の頭皮や頭髪に汚水がつかない

⇒シャンプーをすすいだあとは、希望に応じてコンディショナーかリンスを使用し、洗い流す

 

 

(10)ガーゼ・耳栓をとる

(11)ケープを外してまとめ、患者さんの首を支えて、ケープとケリーパッドを同時にはずす

 

(12)タオルで頭全体をくるむようにしながら、頭皮・頭髪の水分を丁寧に拭き取る

 

(13)敷いていたバスタオルを引き出し、さらに水分をしっかり拭き取る

 

(14)ドライヤーで頭髪を乾かし、髪型を整える。熱傷を防ぐため、ドライヤーは10cm以上離して使用する

 

 

(15)ドライヤーで完全に乾かしたら、抜け毛が散らばらないようにバスタオルと防水シーツを丸めるようにしてはずす

 

(16)最後にひざに挿入していた枕を取りはずし、患者さんの体位と寝衣・寝具を整える

 

この記事をシェアしよう

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ