1. 動画でわかる!看護技術>
  2. ドレーン・検体検査

ドレーン・検体検査

ドレーンとは、体腔内に溜まった水分や血液、リンパ液などを体外に排出するために用いられる管のことです。また、腹腔穿刺や腰椎穿刺などの検体検査では、医師が行う手技に対して、看護師は正確な介助が求められます。この項目では、ドレーン・検体検査を実施する場面に出会ったときに、看護師が知っておくべき手順、ポイント等について動画で解説します。

(1)胸腔ドレーンの挿入時の介助

「胸腔ドレーンの挿入時の介助」の実施において必要な知識・実施手順・ポイントについて動画で解説します。
[ 動画を見る ]

(2)腹腔穿刺の介助

「腹腔穿刺の介助」の実施において必要な知識・実施手順・ポイントについて動画で解説します。
[ 動画を見る ]

(3)腰椎穿刺(ルンバール)の介助

「腰椎穿刺(ルンバール)の介助」の実施において必要な知識・実施手順・ポイントについて動画で解説します。
[ 動画を見る ]

(4)骨髄穿刺の介助

「骨髄穿刺の介助」の実施において必要な知識・実施手順・ポイントについて動画で解説します。
[ 動画を見る ]