酸素流量計の準備~カニューレの装着 | 酸素吸入療法【1】

【監修】

札幌保健医療大学保健医療学部看護学科

教授 小島 悦子

 

「酸素吸入療法」の必要物品

(1)酸素流量計

(2)鼻カニューレ または 酸素マスク

 

「酸素吸入療法」の実施

(1)患者さんに酸素吸入の目的・方法・注意点を説明し、了解を得る

(2)パルスオキシメーターを患者さんの指先に装着し、患者さんのSpO2を確認し、酸素投与の必要性を判断する

 

(3)酸素供給口に酸素流量計を接続する。カチッと音がするまでしっかりと差し込む

 

(4)酸素吹き出し口に鼻カニューレのチューブの先を接続する。接続がはずれないようにしっかりはめ込む

 

(5)流量調節つまみを開き、指示の酸素流量に合わせる

 

(6)両鼻腔に鼻カニューレを入れ、耳にかけて固定する

※酸素マスクの場合は、鼻と口を覆うようにマスクを顔に密着させる

 

(7)鼻カニューレまたは酸素マスクの装着が完了したら、患者さんに酸素療法中の注意事項を伝え、定期的に呼吸状態や経皮的動脈血酸素飽和度、気分不快などを観察する

 

■酸素療法中の注意事項■

・酸素療法中は鼻カニューレ、または簡易酸素マスクを外さないこと

・火気厳禁、引火性・発火性のものを近くに置かない

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ