中央配管方式による酸素投与 | 酸素吸入療法【2】

【監修】

公立南丹病院 看護部

 

酸素投与の必要物品

・流量計

・カニューレや酸素マスクなど

 

事前準備:患者さんへの対応

(1)酸素投与の前に、患者さんの状態をアセスメントする

 

■確認項目■

・バイタルサイン

・呼吸状態

・チアノーゼの有無

・酸素飽和度の値

   など

 

(2)患者さんの氏名を確認し、患者さんやご家族に、酸素療法の必要性と方法を説明し、同意を得る

⇒酸素を使用するため、酸素投与療法中は、火気厳禁であることも伝える(ライターの火などに注意)

 

酸素投与の準備

(1)流量計を中央配管のアウトレットに接続する 

 

(2)空気漏れが無いように、流量計を、カチッと音がするまで確実に押し込む

 

(3)カニューレのチューブをつなぐ

 

 

(4)流量計のダイヤルを回し、指示された流量を設定して酸素が流れることを確認する

⇒流量は、流量計の浮き子の高さで読み取る

 

(5)酸素が流れていることを確認できたら、酸素投与の準備は終了

 

■ワンポイントコラム■

流量計の目もりの読み取り方は流量計によってさまざまな種類がある

 

「浮き子の中央で測るもの」


「上端で測るもの」

 

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ