人工呼吸装着患者さんへの閉鎖式気管吸引 | 人工呼吸ケア【5】

【監修】

公立南丹病院 看護部

 

吸引を実施するためのアセスメント事項

  • 分泌物や貯留物の状態
  • 顔色
  • 呼吸状態
  • 呼吸音
  • SpO2
  • 血圧
  • 心拍数 など

■ポイント■

看護師は、手袋・エプロン・マスクなどを着用する

 

 

「人工呼吸器装着患者さんへの閉鎖式気管吸引」の実施手順

(1)コントロールバルブにコネクティングチューブを接続する

(2)コントロールバルブのロックを解除する

⇒実際に吸引ボタンを押して、陰圧がかかることを確認する

(3)気管チューブの長さ+2~3cm程度まで吸引カテーテルを押し進める

(4)コントロールバルブのボタンを押しながら、陰圧をかけて、引きもどす

(5)吸引カテーテルを、位置確認マークが見えるまで適正位置まで引きもどしてから、右手の吸引ボタンをはなす

■ポイント■

吸引カテーテルを引きすぎる場合⇒エアリーク(空気漏れ)の危険性あり

吸引カテーテルの引きが足らない場合⇒洗浄液が患者さん側に流れ込む危険性あり

 

(6)吸引が終わったら、吸引カテーテルの内壁を洗浄する。ポートに蒸留水を入れたシリンジを接続する

(7)吸引ボタンを押し、陰圧をかけながら蒸留水を注入し、吸引カテーテルの内面を洗浄する

(8)洗浄が終わったら、コントロールバルブをかならずロックする

(9)終了後は、下記点をアセスメントし、患者さんの状態に異変がないかを確認する

  • 顔色
  • 呼吸状態
  • 呼吸音
  • SpO2
  • 血圧
  • 心拍数 など

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ