体位ドレナージの準備 | 排痰ケア/ドレナージ【1】

【監修】

東京労災病院 看護部

 

「体位ドレナージ」とは?

・体位ドレナージは、痰などの気道分泌物を除去するための処置

・分泌物の位置を特定し、その位置に対応した適切な体位をとることで、重力のはたらきで、痰を中枢気道に移動、もしくは排出させることができる

 

「体位ドレナージ」の禁忌

  • 頭頸部外傷後
  • 脊髄損傷急性期
  • 術後の不安定期
  • 出血傾向を伴う循環動態不安定
  • 頭蓋内圧20mmHg以上
  • 膿胸、胸水のドレナージされていないもの
  • 大量胸水
  • 肺塞栓
  • 無処置の肋骨骨折
  • 原発性肺水腫
  • 体位変換に耐えられそうにない高齢
  • 精神不安定
  • 無気肺

 

「体位ドレナージ」の準備

(1)経管栄養も含めて、すべての食事から2時間以上が経過していることを確認する

(2)聴診、胸部X線、CTスキャンなどによって分泌物の位置を確認する

(3)体位交換前に自力で分泌物を排出できる患者さんには、排出を促す

■ポイント■

気管挿管患者、気管切開患者の場合は、体位変換前に吸引を行っておく 

 

(4)患者さんに挿入、装着されている点滴ラインや気管チューブ、心電図モニタのパッチ類などは事前に整理整頓しておく

(5)体位ドレナージの目的とその方法を患者さんに説明し、ご本人の同意を得ておく

この記事をシェアしよう

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ