秋のあじわい!里芋とアボカドご飯 | 料理家ナースこうよしのナースごようたしレシピ集【10】

こんにちは。現役ママナースで栄養士、Jr.野菜ソムリエのこうよしです。

今回は、秋においしい里芋を使ったレシピをご紹介します。

 

里芋は食物繊維を豊富に含んでおり、美容の大敵、便秘の予防になります。

 

この里芋を、アボカドと一緒に調理します。アボカドは森のバターと呼ばれ、フルーツの中でもビタミンをはじめ、他の栄養素もトップレベルで含まれていて、女性の味方の食べ物です。

 

第10回 『秋のあじわい! 里芋とアボカドご飯』

 

里芋のほくほく感とアボカドのまったり感で、心地よい後味の残る一品です。

ご飯のお供として、「即席お味噌汁」と「即席漬けもの」も併せてご紹介します。

 

材料

【里芋とアボカドご飯】(3~4人分)

米:2合

里芋:3個(冷凍でもOK)

アボカド:2個

塩:小さじ1/2

かつお節(3g入り):2袋

しょうゆ:大さじ2

きざみのり:お好みで少々

 

【即席わかめのみそ汁】(1人分)

味噌:小さじ2

乾燥わかめ:一つまみ

かつお節(3g入り):1/2袋

湯:180cc(お椀に7~8割程度のお湯)

 

【即席しょうが漬け】(2人分)

きゅうり:1本

にんじん:1/2本

塩:小さじ1/2

すりおろししょうが:小さじ2程度(チューブなら7㎝程度)

 

作り方

(1)ご飯を炊く

米をといで、水を分量のラインまで入れます。白米を2合炊くときと同じ量でOKです。

里芋の皮をむき、4等分に切って炊飯器へ。塩、鰹節も入れて炊飯器のスイッチを入れます。

 

 

(2)即席の2品を用意する

まずは即席しょうが漬けから。

きゅうりとにんじんは、良く洗えば皮ごと使用しても大丈夫です。それぞれ、斜めに7㎜程度に切ります。

切った野菜と塩、すりおろしたしょうがをビニール袋に入れて、袋の上からするようにして空気を抜き、冷蔵庫に入れます。

これで、ご飯が炊けるまでの間に浅漬けができます。しょうがが効いてさっぱりとした漬けものです。

 

 

味噌汁の方は、お椀に分量の材料を入れておきます。他に好きな材料を入れても良いです。あとは、最後にお湯を注いで混ぜるだけ。かつお節が天然のだしになり、具としても食べられます。

インスタントのお味噌汁を買わなくても、簡単に無添加のお味噌汁ができますよ。

 

 

(3)アボカドを切ってしょうゆをかけておく

ご飯が炊きあがる少し前に、アボカドを切ります。

まず、種に沿って縦にぐるりと一周、包丁で切れ目を入れます。

両手でアボカドを持ち、ねじを回すようにそれぞれ逆方向に回すと、半分に外れます。

そして、写真のように包丁を差し込み、種を取ります。

 

皮をむいたら、半分をそれぞれ10~12等分に切ります。

2個目のアボカドも同様にします。

 

切ったアボカドにしょうゆを回しかけておきます。

 

(4)ご飯にアボカドを混ぜる

炊きあがったご飯をさっくりと混ぜたら、③のアボカドも入れてさらに混ぜます。

 

 

=ここがポイント!=

アボカドは崩れやすいので、混ぜすぎないよう注意しましょう。形がなくなってしまいます。

 

(5)できあがり!

アボカドご飯をお茶碗によそい、きざみのりを乗せます。

里芋もほっくりとできあがりました。

 

続いて、お味噌汁にお湯を注ぎ、混ぜます。

 

 

即席漬けも味が漬かった頃なので、小皿によそって、できあがり!

 

 

ご飯は、作りやすい分量で3~4人分にしてありますが、このご飯はたくさんおかわりをしたくなる味ですので、多めに作ることをお勧めします。我が家では、家族が何度もおかわりをしてすぐになくなってしまいます。

 

かつおが良いだしになって、ほんのり醤油味のどこか懐かしい味。ほっこりした気分になるご飯です。

食べてみるまでは味をイメージしづらいかもしれませんが、ぜひ一度お試しいただければと思います。

 

次回は「鮭とインゲンのパスタ」をご紹介します。お楽しみに!

 


【荒井希枝】

育児をしながら看護学校を卒業し、病棟に勤務。看護師のほか、栄養士、Jr.野菜ソムリエの資格も保有し、テレビや雑誌などで活躍中。

・クックパッド「こうよしのキッチン」

・ブログ「ママがナースになったらしい~野菜ソムリエこうよしの簡単おいしいキッチン」

SNSシェア

コメント

0/100

ライフスタイルトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆フィジカルアセスメントの問題◆小児の呼吸について誤っているものはどれでしょうか?

  1. 小児は咽頭や喉頭が柔らかく狭いため、分泌物などで閉塞しやすい。
  2. 便秘やガスの貯留による腹部膨満により、呼吸困難が誘発されることがある。
  3. 乳児の呼吸は、横隔膜運動を主とする腹式呼吸である。
  4. 小児の粘膜組織は脆弱であるため、口・鼻の吸引は行ってはならない。

2305人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8096人の年収・手当公開中!

給料明細を検索