リンパ浮腫

『本当に大切なことが1冊でわかる循環器』より転載。
今回はリンパ浮腫について解説します。

 

南澤ひとみ(静脈疾患)
新東京病院看護部
狩野周平(リンパ系疾患)
新東京病院看護部

 

〈目次〉

 

 

リンパ浮腫はどんな疾患?

リンパ浮腫は、一次性(先天性、原因不明)と二次性(術後、感染)に分かれます(表1)。

 

大部分のリンパ浮腫は二次性に分類されます。

 

表1リンパ浮腫の分類

リンパ浮腫の分類

 

リンパ浮腫は、片側性の浮腫であることがほとんどです。重症化すると両側性となります。

 

リンパ浮腫の症状は3段階に分類されます(表2)。

 

表2リンパ浮腫の症状の3段階

リンパ浮腫の症状の3段階

 

 

どんな治療を行う?

基本的な治療は、弾性着衣(弾性ストッキング)などの保存療法となります(表3)。

 

表3リンパ浮腫の治療

リンパ浮腫の治療

 

 

看護師は何に注意する?

夜間は下肢を挙上します。弾性ストッキングや圧迫療法を行う際は、皮膚トラブルに気をつけます。

 

保湿や特に負荷がかかる部分の圧痕の観察などが必要です。

 


文献

  • 1)リンパ管疾患情報ステーション:リンパ管とは?.(2019.09.01アクセス)
  • 2)大八木秀和:まるごと図解 循環器疾患.照林社,東京,2013.
  • 3)黒澤博身総監修:全部見える 循環器疾患.成美堂出版,東京,2012.
  • 4)医療情報科学研究所編:病気がみえる vol.2循環器 第4版.メディックメディア,東京,2017.

 


本連載は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

書籍「本当に大切なことが1冊でわかる 循環器」のより詳しい特徴、おすすめポイントはこちら

 

> Amazonで見る  > 楽天で見る

 

[出典] 『本当に大切なことが1冊でわかる 循環器 第2版』 編集/新東京病院看護部/2020年2月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ