免疫グロブリン(抗体)って何?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は免疫グロブリンについて説明します。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

免疫グロブリン(抗体)って何?

免疫グロブリンとは、プラズマ細胞(形質細胞)中で、抗原に合わせて作られる構造のタンパク質のことで抗体ともいいます。

 

免疫グロブリンは2本の重鎖(H鎖)と2本の軽鎖(L鎖)から構成され、Y字型をしています。プラズマ細胞から作られる免疫グロブリンはIgG、IgA、IgM、IgD、IgEの5種類で、それぞれ異なる役割を果たしています。

 

IgG

血清中に最も多く存在する免疫グロブリンで、細菌やウイルスに対する防御を担っています。γグロブリンとも呼ばれます。胎盤を通過することができるため、母親から胎児に移行し、生まれてからの数カ月、赤ちゃんの体を守るために働きます。

 

IgA

分泌型IgAと血清IgAの2種類がありますが、ほとんどは分泌型IgAです。分泌型IgAは、唾液や気管支分泌液、汁、腸管分泌液、腟分泌液、前立腺分泌液などの外分泌液中に含まれ、粘膜の防御に働きます。

 

IgM

感染初期(急性期)に作られる免疫グロブリンで、赤血球凝集反応を引き起こす自然抗体です。

 

IgD

B細胞の表面で発現する受容体です。

 

IgE

肥満細胞(マスト細胞)の膜表面にあるFc受容体に結合し、Ⅰ型アレルギーをひき起こします。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ