血管や神経が少ない部分に刺入するのはなぜ?|皮下注射

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は皮下注射に適した部位に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

血管や神経が少ない部分に刺入するのはなぜ?

血管内に薬剤が入ってしまうと、効果が速やかに現れすぎて副作用が現れる危険性があるからです。

 

血液の逆流が認められたらすぐに抜去します。また、神経に触れることで、神経麻痺を起こすことを避けるためにも、血管や神経の少ない部位に注射を行います。

 

皮下注射で適している部位は、血管や神経が少ないうえに皮膚に近いところに骨がない上腕伸側(上腕後側正中線下1/3の部位)、三角筋前半部、大腿前外側中央部などです。

 

図1皮下注射に適した部位

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ