VAP(人工呼吸器関連肺炎)判定の方法は?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

 

今回は「VAP(人工呼吸器関連肺炎)」に関するQ&Aです。

 

塚原大輔
日本看護協会看護研修学校認定看護師教育課程特定行為研修担当教員

 

VAP判定の方法は?

 

判定には、VAEアルゴリズムを使用します。

 

〈目次〉

 

VAE(人工呼吸器関連事象)アルゴリズム

2013年から、CDC(米国疾病予防管理センター)のサーベイランス事業であるNHSNによるVAPの判定基準が従来のVAPアルゴリズムからVAE(人工呼吸器関連事象)アルゴリズム(図1)へと変わった。

 

図1VAEプロトコール

 

 

VAEアルゴリズムの特徴

新しい判定アルゴリズムの対象となるのは、①18歳以上の患者、②気管挿管され人工呼吸器を3日以上使用している患者、③急性期病院およびリハビリテーション病院の患者である。

 

蘇生目的に人工呼吸管理を行っている患者、すなわちHFOV(高頻度振動換気)やEエクモCMO(体外式膜型人工肺)、腹臥位による人工呼吸器管理は除外されている。

 

新しいアルゴリズムで大きく変わった点は、胸部X線所見を必要としないことである。これにより、経験や能力を必要とせずアルゴリズムに当てはめることができ、純粋なデータが抽出されると考えられる。

 

その他のデータには、以前からあった体温や白血球数、膿性痰の有無に加えて、酸素濃度やPピープEEPレベル、新たな抗菌薬の使用開始と使用期間、胸水や肺組織検査など含まれている。

 

略語

 

  • CDC(CentersforDiseaseControlandPrevention):米国疾病予防管理センター
  • NHSN(NationalHealthcareSafetyNetwork)
  • VAE(Ventilator-AssociatedEvents):人工呼吸器関連事象
  • HFOV(high-frequencyoscilatoryventilation):高頻度振動換気
  • ECMO(extracorporealmembraneoxygenation):体外式模型人工肺
  • PEEP(positiveendexpiratorypressureventilation):呼気終末陽圧

[文献]

  • (1)CDC’sNHSN.Ventilator-AssociatedEvent(VAE).http://www.cdc.gov/nhsn/PDFs/pscManual/10-VAE_FINAL.pdf(2014年11月18日閲覧).
  • (2)IHI.IHIVentilatorBundle(IHITools).http://www.ihi.org/(2014年11月18日閲覧).
  • (3)日本集中治療医学会ICU機能評価委員会:人工呼吸器関連肺炎予防バンドル2010改訂版:6-7.http://www.jsicm.org/pdf/2010VAP.pdf(2014年11月18日閲覧)

 


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ