気管チューブの適切なカフ圧は、いくつ?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

 

今回は「気管チューブのカフ圧」に関するQ&Aです。

 

露木菜緒
国際医療福祉大学成田病院準備事務局

 

気管チューブの適切なカフ圧は、いくつ?

 

カフ圧は、常時20~30cmH2Oの間に維持しなければなりません。そのため、カフ圧を調整するときは、30cmH2O程度に調節してください。

 

〈目次〉

 

気管チューブの適正なカフ圧とは

カフ圧の上限は、気管壁の動脈圧に由来する(表1。気管壁の壊死を防ぐため、動脈圧30cmHOを超えないように調節する。

 

表1気道粘膜の血流

 

  正常圧(1Torr=1.36cmH2O) 高圧による障害
気管動脈圧 25~30Torr(34~40.8cmH2O) 壊死
気管静脈圧 15~20Torr(20.4~27.2cmH2O) うっ血
リンパ管圧 15Torr(20.4cmH2O) 浮腫

 

Seegobin RD, van Hasselt GL. Endotracheal cuff pressure and tracheal mucosal blood flow: endoscopic study of effects of four large volume cuffs. Br Med J 1984;288:965-968.他を参考に作成

 

カフ圧の下限は、低カフ圧がVAP(人工呼吸器関連肺炎)の要因の1つであることが報告されたことに由来する。

 

2005年に発表されたATS(米国胸部学会)ガイドラインでは「気管チューブのカフ圧は、カフのまわりの細菌病原体が下気道に漏れることを予防するために20cmHO以上に維持されるべきである」とされている。

 

上記から、カフ圧は常時20~30cmHOの間に維持させる。

 

カフ圧計の脱着時、カフ圧は低下する

カフ圧は、カフ圧計装着時に低下する。カフ内圧は、カフ圧計よりも高いため、接続後は内圧が平衡になり、カフ圧が低下するのである*1

 

つまり、カフ圧計の値は、平衡になった値を示しているため、現在のカフ圧を表示しているわけではない。

 

同様に、カフ圧は、カフ圧計を外す手技によって2~3cmHO低下する。そのため、カフ圧を調整する際は、カフ圧の上限である30cmHO程度に調節すると、生体ではちょうど27~28cmHO程度となる。

 

略語

 

  • ATS(AmericanThoracicSociety):米国胸部学会

[注釈]

 

  • *1:パイロットバルブにカフ圧計を接続したとき、カフ内圧は20~30cmHOだが、カフ圧計は0cmHO(=大気圧)である。そのため、圧は平衡になろうとして、カフ内の空気をカフ圧内に移動させることから、カフ圧が低下してしまう。

 


[文献]

  • (1)Seegobin RD, van Hasselt GL. Endotracheal cuff pressure and tracheal mucosal blood flow: endoscopic study of effects of four large volume cuffs. Br Med J 1984; 288: 965-968.
  • (2)American Thoracic Society, Infectious Disease SocietyofAmerica. Guidelinesforthe management of adults with hospital-acquired, ventilator-associated and healthcare-associated pneumonia. Am J CritCare Med 2005; 171: 388-416.
  • (3)露木菜緒:気管チューブのカフ圧は調整手技により低下する-実験研究による検討-.日本クリティカルケア看護学会誌2010;6:50-57.
  • (4)中嶋美和子:カフ圧の測定を怠ってはいけない.道又元裕,木下佳子,杉澤栄他監修,やってはいけない人工呼吸器管理50,日本看護協会出版会,東京,2006:138-140.

本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ