気管吸引後の評価では、なにを、どう評価するの?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

 

今回は「気管吸引後の評価」に関するQ&Aです。

 

露木菜緒
国際医療福祉大学成田病院準備事務局

 

気管吸引後の評価では、なにを、どう評価するの?

 

気管分岐部の副雑音や、グラフィックモニタ波形の変化など、「吸引が必要」と判断したことが、吸引によって改善されたかを評価します。吸引中から生体への影響を観察することが大切です。

 

吸引後に必要な評価項目

吸引は、「吸引が必要だ」とアセスメントした結果、実施している。そのため実施後には、再度評価を行い、記録に残すことが必要である。

 

吸引後に評価すべき項目を表1に示す。これらは吸引中からモニタリングし、安全かつ効果的に気管吸引を実施できたか、目的を達成できたか評価する。

 

表1吸引後の評価項目

 

吸引後の評価項目

分泌物が除去できたか?

 

量・性状・出血の有無は?

 

呼吸音は改善したか?

 

気道内圧は低下したか?

 

湿性咳嗽(バッキング)は消失したか?

 

SpOは改善したか?

 

自覚症状は改善したか?

 

呼吸回数や心拍数は改善したか?

 

合併症はないか?              など

 

吸引後の評価で、効果的でないと判断されたときは、加温加湿管理、体位ドレナージなど他の方法を検討する必要がある。

 


[文献]

 


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ