適正な吸引圧は?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

 

今回は「適正な吸引圧」に関するQ&Aです。

 

露木菜緒
国際医療福祉大学成田病院準備事務局

 

適正な吸引圧は?

 

吸引圧の安全域は、成人の場合、150Torr前後で最大200Torr(20~26kPa)とされています。
ちなみに、小児は80~120Torr、新生児は60~80Torr程度が適正とされています。

 

〈目次〉

 

適正な吸引圧

適正な吸引圧について、現時点での合意は得られていないが、成人は150Torr前後(最大200Torr)、小児は80~120Torr、新生児は60~80Torrが安全域とされる。

 

低粘稠度の粘液であれば、200Torrまでの吸引圧は不要である。

 

高圧吸引を行うと、線毛上皮細胞も吸引されてしまい、気道粘膜損傷が生じる。空気を多量に吸引し、無気肺、低酸素血症を助長する。

 

以下に、吸引圧に影響を及ぼす要素について解説する。なお、吸引圧の設定(屈曲閉鎖)は、挿入前に行う。

 

吸引カテーテルの種類

1多孔式

多孔式の吸引カテーテルの場合、分泌物がすべての孔に接していれば、吸引圧は高くなる。

 

分泌物が1孔でも接していないと低吸引圧となるため、吸引カテーテルの先端を回転させて、分泌物と孔を接触させる場合もある。

 

2単孔式

単孔式の吸引カテーテルの場合は、吸引圧が先端の孔のみにかかるため、吸引カテーテルを回転させる必要はない。

 

吸引カテーテルの太さ(表1

表1吸引時の空気量(人工肺を用いて10秒間吸引したときに引かれる空気量の測定結果)

 

※開放状態:気管チューブと吸引カテーテルの間に隙間があり、吸引圧によって外気が気管チューブ内に入ってくる状態
※密封状態:気管チューブと吸引カテーテルの間の隙間をなくした状態
小泉恵,門脇睦美:研究の動向と問題点.ナーシングトゥデイ1998;13(10):28-32.より引用

 

吸引カテーテルと人工気道の間に隙間がある場合、外気も吸引されるので、トータルで数十mL程度しか気道内空気は吸引されない。

 

高吸引圧で、吸引カテーテルと人工気道の間に隙間がなく、長時間にわたって行う場合、気道内空気は大量に吸引される。

 


[文献]

 


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ