脳血管にいざという時のバックアップ機構はあるの?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「ウイリス動脈輪」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

脳血管にいざという時のバックアップ機構はあるの?

は生命の維持はもちろんのこと、感覚や運動といった、あらゆる生命活動をつかさどっています。その脳に血液を送り込んでいるのは、左右の内頸動脈と椎骨(ついこつ)動脈です。

 

このうち、椎骨動脈は脳幹の前で左右の動脈が合流して1本になり、脳底動脈と名前を変えます。そして、大脳の底の部分で内頸動脈とも合流し、視床下部の底部を囲むようにしてほぼ六角形の輪を作ります。

 

これをウイリス動脈輪(どうみゃくりん)といいます(図2)。

 

図2脳の血管

脳の血管

 

ウイリス動脈輪の役目は、別々の動脈系である内頸動脈と椎骨動脈を連絡することにより、どちらかの動脈に血栓が詰まって血液が流れなくなるようなことがあっても、もう1本の動脈によって最低限の血液を確保することです。

 

ウイリス動脈輪は、例えば高速道路の環状線です。環状線には、四方八方から複数の高速道路が入り込み、線沿いには市場や工場など、生活を維持する大事な機能があります。

 

もし、環状線内のどこかの道路(左後大脳動脈→左後交通動脈→左前大脳動脈→前交通動脈→右前大脳動脈→右後交通動脈→右後大脳動脈のどれか)が事故で閉鎖されたら、生活はどうなるでしょう。

 

心配ご無用、何本かあるほかの道路を通り、環状線沿いの工場(脳実質)に物資を届ければいいのです。多少の時間がかかっても、物資はちゃんと運ばれます。 

 

道が1本しかないと、その道路が閉鎖されてしまったら物資は流通しなくなってしまいます。脳でこのようなことが起きれば、脳の神経細胞が壊死し、生命の危機が生じてしまいます。 

 

脳の動脈の大半は、毛細血管のように互いが網の目で連絡(吻合)されているわけではなく、ほとんど吻合を持たない終動脈です(「終動脈とはどんなもの?」参照)。

 

ウイリス動脈輪は、こうした脳動脈の弱点を補うためのバックアップ機能ということができます。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ