刺激ホルモンって何?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「刺激ホルモン」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

刺激ホルモンって何?

ホルモンには、刺激ホルモンと抑制ホルモンという分類があります。刺激ホルモンは、下垂体から分泌され、下位ホルモンの分泌を促す働きを持っている上位ホルモンを指します。 

 

下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモンには、甲状腺を刺激して甲状腺ホルモンの分泌を促進する働きがあります。同じく下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンや副腎皮質刺激ホルモンなども、刺激ホルモンとして働きます。

 

MEMO抑制ホルモン

刺激ホルモンと反対の働きをするのが抑制ホルモンです。上位のホルモン分泌により、下位のホルモンの分泌が抑制されます。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ