フィードバック機構って何のこと?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「フィードバック機構」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

フィードバック機構って何のこと?

フィードバック機構とは制御対象物が制御物質をコントロールすることです。

 

例えば、上皮小体ホルモン(パラソルモン)は血中のカルシウムイオン濃度が低下すると分泌されますが、カルシウムイオン濃度がある程度以上になると、パラソルモンの分泌を抑制するように働きます(負のフィードバック)。 

 

また、視床下部から分泌される甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)は、下垂体前葉に働いて甲状腺刺激ホルモン(TSH)を分泌させます。この甲状腺刺激ホルモンは甲状腺に働いて、甲状腺ホルモン(サイロキシン)とトリヨードサイロニンの分泌を促します。

 

甲状腺ホルモンの血中濃度がある程度以上になると、視床下部がそれを感知し、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモンの分泌が低下します。すると甲状腺刺激ホルモンの分泌も低下し、甲状腺ホルモンの分泌も低下します。これが負のフィードバックです。 

 

下垂体後葉から分泌されるオキシトシン子宮収縮を起こし、それが神経反射を介して間を刺激し、オキシトシンがさらに分泌され分娩が起こります。これが正のフィードバックです。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ