スペクト(SPECT)|脳・神経系の検査

『看護に生かす検査マニュアル』より転載。
今回は、スペクト(SPECT)について解説します。

 

高木 康
昭和大学医学部教授

 

〈目次〉

スペクト(SPECT)とはどんな検査か

SPECTとは、single photon emission computed tomographyの略で、日本語では単一光子放射型コンピュータ断層撮影という。

 

微量の放射性同位元素(RI:ラジオアイソトープ)を体内に投与し、に集積した放射線(γ線;ガンマ線)を放出して、放射能の分布を断層画像として表示する検査である。

 

シンチカメラで撮影するので、脳血流シンチとも呼ばれる。

 

スペクト(SPECT)の目的

  • 脳血管障害における局所脳血流の異常検出、脳血管反応性の評価、薬剤の局所脳循環に対する効果の判定
  • てんかん患者における焦点の推定
  • 認知症の病態解明
  • 脳腫瘍における脳血流異常の観察
  • 疾患の診断、進行の程度

 

スペクト(SPECT)の実施

  • ベッドに横になって静脈からRIを注射し、身体を回転させてシンチカメラで撮影し、コンピュータで画像化する。
  • 検査には数十分かかる。

 

スペクト(SPECT)前後の看護の手順

1)患者への説明

  • 放射性医薬品(RIを含んだ薬)を投与し、脳の血流の状態を調べる検査である。
  • 放射性物質を使うのでRI検査室という特別な部屋で行う。

2)検査前の処置

  • 特になし。

3)準備するもの

  1. 放射性同位元素(RI)
  2. シンチカメラ
  3. コンピュータ

4)検査後の管理

  • 特になし。

 

スペクト(SPECT)において注意すべきこと

  • 検査の前には排尿を済ませておく。
  • 検査後、異常が認められた場合は、直ちに医師に報告する。

 

スペクト(SPECT)現場での患者との問答例

今日は脳血流シンチの検査があります。

 

それはどんな検査なんですか。

 

放射性物質を注射してカメラを使って脳の状態を見る検査です。

 

放射性物質って、体に害はないのですか。

 

量は微量なので心配はいりません。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新訂版 看護に生かす検査マニュアル 第2版』 (編著)高木康/2015年3月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ