消化器系(94問)  状況設定問題

第98回 午前105問

次の文を読み問題3に答えよ。
48歳の男性。職場の健康診断で大腸癌が疑われ来院した。検査の結果、下部直腸に腫瘍があり、低位前方切除術が施行された。術前に自覚症状はなく、入院や手術は初めての経験であった。

問題3
その後状態は安定し退院が予定された。

説明内容で適切なのはどれか。
  • 1. 便秘は浣腸で対処する。
  • 2. 退院後1年は低残渣食とする。
  • 3. 腹部膨満が持続する場合は受診する。
  • 4. 排便回数は術後1、2か月で落ち着く。
解答・解説を見る

人体の構造と機能

疾病の成り立ちと回復の促進

健康支援と社会保障制度

基礎看護学

成人看護学

老年看護学

小児看護学

母性看護学

精神看護学

地域・在宅看護論(在宅看護論)

看護の統合と実践

必修問題へ

このページをシェア

国試2024 看護roo! 国試 スマホアプリなら問題検索がよりスムーズに!
看護師国家試験過去問題集トップへ