消化器系(94問)  状況設定問題

第104回改変 午後92問

次の文を読み問題2に答えよ。
Aさん(45歳、男性)は、便に血液が混じっていたため受診した。検査の結果、直腸癌と診断され、自律神経を部分温存する低位前方切除術が予定されている。

問題2
術後1日。順調に経過し、Aさんは離床が可能になった。腹腔内にドレーンが1本留置され、術後の痛みに対しては、硬膜外チューブから持続的に鎮痛薬が投与されている。看護師がAさんに痛みの状態を尋ねると、Aさんは「まだ傷が痛いし、今日は歩けそうにありません」と話す。

このときの対応で最も適切なのはどれか。
  • 1. 体動時に痛む場合は歩行しなくてよいと説明する。
  • 2. 歩行には看護師が付き添うことを提案する。
  • 3. 歩行練習を1日延期することを提案する。
  • 4. 鎮痛薬の追加使用を提案し歩行を促す。
解答・解説を見る

人体の構造と機能

疾病の成り立ちと回復の促進

健康支援と社会保障制度

基礎看護学

成人看護学

老年看護学

小児看護学

母性看護学

精神看護学

地域・在宅看護論(在宅看護論)

看護の統合と実践

必修問題へ

このページをシェア

国試2024 看護roo! 国試 スマホアプリなら問題検索がよりスムーズに!
看護師国家試験過去問題集トップへ