状況設定問題(156問)  急性期の子どもと家族への看護

第104回 午前105問

次の文を読み問題3に答えよ。
Aちゃん(3歳、男児)は、斜視の手術のために母親とともに歩いて入院した。入院期間は3日の予定である。3週前に外来で医師と看護師がAちゃんに手術と入院とについて説明した。入院時、Aちゃんはやや緊張した表情をしているが「眼の手術をしに来たの。病院に2つ泊まるんだよ」と看護師に話した。

問題3
Aちゃんの手術は無事終了した。翌日、Aちゃんは眼のガーゼと眼帯が外され、抗菌薬の点眼が始まり、退院が決まった。Aちゃんは眼を触らないように両上肢に肘関節抑制帯をつけている。母親は「手術が無事に終わってほっとしました」と話した。

母親に対する退院後の留意点の説明で正しいのはどれか。2つ選べ
  • 1. 「家でも点眼を続けてください」
  • 2. 「家に帰ったら洗顔してもよいです」
  • 3. 「眼脂が続いたら受診してください」
  • 4. 「物が二重に見えることがあります」
  • 5. 「家に帰ったら肘関節の固定は必要ありません」
解答・解説を見る

人体の構造と機能

疾病の成り立ちと回復の促進

健康支援と社会保障制度

基礎看護学

成人看護学

老年看護学

小児看護学

母性看護学

精神看護学

在宅看護論

看護の統合と実践

必修問題へ

このページをシェア

国試2022 看護roo! 国試 スマホアプリなら問題検索がよりスムーズに!
看護師国家試験過去問題集トップへ