在宅療養生活を支える看護(23問)  食事・栄養

第104回 午前70問

Aさん(59歳、男性)は、妻と2人で暮らしている。Parkinson〈パーキンソン〉病で、Hoehn-Yahr〈ホーエン・ヤール〉の重症度分類ステージⅢであり、嚥下に困難がある。要介護2の認定を受けている。

食事の見守りを行う妻への訪問看護師による指導で適切なのはどれか。
  • 1. 「食事はきざみ食にしましょう」
  • 2. 「食事は決まった時間にしましょう」
  • 3. 「食事中はテレビをつけておきましょう」
  • 4. 「食べ物を飲み込んだことを確認しましょう」
解答・解説を見る

人体の構造と機能

疾病の成り立ちと回復の促進

健康支援と社会保障制度

基礎看護学

成人看護学

老年看護学

小児看護学

母性看護学

精神看護学

在宅看護論

看護の統合と実践

必修問題へ

このページをシェア

国試2022 看護roo! 国試 スマホアプリなら問題検索がよりスムーズに!
看護師国家試験過去問題集トップへ