状況設定問題(149問)  主な精神疾患・障害 の特徴と看護

第103回 午後110問

次の文を読み問題2に答えよ。
Aさん(32歳、男性、会社員)は、2年前にうつ病による入院歴がある。Aさんは仕事中に「新しい営業戦略を考えついた」と上司に大声でまとまりのない話を続け、止めようとすると激怒するようになった。会社から連絡を受けたAさんの両親に付き添われて精神科を受診したところ、Aさんは双極性障害と診断され入院した。

問題2
入院後3日が経過した。Aさんは自分の病室にいることはほどんどなく、自宅や会社に頻繁に電話したり、デイルームでノートに書き続けるなど、いつも忙しそうに過ごしている。食事の時間も落ち着かず、摂取量は毎食1/3から1/4程度である。

看護師の対応で適切なのはどれか。
  • 1. Aさんの食事を介助する。
  • 2. Aさんが栄養指導を受けられるよう調整する。
  • 3. Aさんに食事の摂取量が不足している事実を伝える。
  • 4. Aさんが自分から食事をしたい気持ちになるのを待つ。
解答・解説を見る

人体の構造と機能

疾病の成り立ちと回復の促進

健康支援と社会保障制度

基礎看護学

成人看護学

老年看護学

小児看護学

母性看護学

精神看護学

在宅看護論

看護の統合と実践

必修問題へ

このページをシェア

国試2022 看護roo! 国試 スマホアプリなら問題検索がよりスムーズに!
看護師国家試験過去問題集トップへ