状況設定問題(149問)  精神疾患・障害がある者への看護

第100回 午後120問

次の文を読み問題3に答えよ。
Aさん(25歳、男性)は、未婚で両親と3人で暮らしている。大学卒業後に就職し、仕事も順調であった。4か月前、仕事のミスがあったことをきっかけに気分が落ち込み、食欲のない状態が1か月ほど続いたが、通勤は何とか続けてきた。Aさんは、2か月前から不眠を訴えるようになり、先月からは、高額なマンションや車の購入契約をしたり、貯金の全額を宝くじの購入に費やしてしまうなどの行為がみられるようになった。Aさんは、心配した両親に付き添われて精神科病院を受診した。

問題3
入院して1か月が経過したAさんは、服薬による治療で多弁や易怒性などの症状が改善し、落ち着いて過ごせるようになった。Aさんは治療を継続する必要性についても理解している。看護師が家族への退院指導を行うことになった。

Aさんの家族への指導で最も適切なのはどれか。
  • 1. 「薬は家族が管理してください」
  • 2. 「今後も入院治療が定期的に必要になります」
  • 3. 「症状が悪化する兆候を見逃さないようにしましょう」
  • 4. 「服薬をしていれば症状は悪化しないので安心してください」
解答・解説を見る

人体の構造と機能

疾病の成り立ちと回復の促進

健康支援と社会保障制度

基礎看護学

成人看護学

老年看護学

小児看護学

母性看護学

精神看護学

在宅看護論

看護の統合と実践

必修問題へ

このページをシェア

国試2022 看護roo! 国試 スマホアプリなら問題検索がよりスムーズに!
看護師国家試験過去問題集トップへ