状況設定問題(156問)  病気・診療・入院が子どもと家族に与える影響と看護

第99回 午前111問

次の文を読み問題3に答えよ。
4歳の男児。5日前から咳嗽と鼻汁とが出現し、食事摂取量が減っていた。本日、起床時から機嫌が悪く38.9℃の発熱がみられた。水分を与えようとしたところ突然全身がガクガクするけいれんを起こしたため、救急搬入された。

問題3
母親は来院時から動揺しており、診察室の中で「もっと早く病院に来れば良かった。ごめんね、ごめんね」と言って泣いている。

母親への対応で最も適切なのはどれか。
  • 1. けいれんを止める方法について説明する。
  • 2. 今回の受診は決して遅くはないと伝える。
  • 3. 子どもの前で母親が泣いてはいけないと伝える。
  • 4. 気持ちが落ち着くまで子どものケアへの参加は勧めない。
解答・解説を見る

人体の構造と機能

疾病の成り立ちと回復の促進

健康支援と社会保障制度

基礎看護学

成人看護学

老年看護学

小児看護学

母性看護学

精神看護学

在宅看護論

看護の統合と実践

必修問題へ

このページをシェア

国試2022 看護roo! 国試 スマホアプリなら問題検索がよりスムーズに!
看護師国家試験過去問題集トップへ