状況設定問題(156問)  急性期の子どもと家族への看護

第96回 午後72問

次の文を読み問題3に答えよ。
7か月の乳児。昨日の昼から頻回に嘔吐があり、経口水分摂取が困難となった。夜から下痢を繰り返し、朝になって小児科外来に母親が連れてきた。受診時、顔色は不良で、うとうとしており刺激すると覚醒する状態であった。体重6,500g、体温37.0℃、呼吸数35/分、心拍数129/分。腹部は平坦で弱い腸蠕動音が聴取された。

問題3
入院後嘔吐は改善したが、下痢は続き殿部に発赤とびらんが出現した。

対応で最も適切なのはどれか。
  • 1. 絶飲食にする。
  • 2. 殿部浴を行う。
  • 3. 抗真菌剤を塗布する。
  • 4. 紙おむつから布おむつに変更する。
解答・解説を見る

人体の構造と機能

疾病の成り立ちと回復の促進

健康支援と社会保障制度

基礎看護学

成人看護学

老年看護学

小児看護学

母性看護学

精神看護学

在宅看護論

看護の統合と実践

必修問題へ

このページをシェア

国試2022 看護roo! 国試 スマホアプリなら問題検索がよりスムーズに!
看護師国家試験過去問題集トップへ