状況設定問題(156問)  急性期の子どもと家族への看護

第97回 午後66問

次の文を読み問題3に答えよ。
1歳の男児。4日前から鼻汁、咳および発熱が続いている。本日、コプリック斑が認められ発疹も出現したため麻疹と診断された。児は細気管支炎を併発しており、付き添い入院した。1歳6か月のいとこが近所に住んでおり1週前に児と遊んだが、現在は無症状である。

問題3
「うちの子と遊んだいとこは、麻疹の予防接種をしていないのですが、大丈夫でしょうか」と児の母親から相談を受けた。

いとこの状況についてのアセスメントで最も適切なのはどれか。
  • 1. 潜伏期にあたるので経過観察が必要である。
  • 2. 直ちに麻疹ワクチンの接種が必要である。
  • 3. ガンマグロブリンの筋肉注射が必要である。
  • 4. 現在発症していないので感染していないと考えられる。
解答・解説を見る

人体の構造と機能

疾病の成り立ちと回復の促進

健康支援と社会保障制度

基礎看護学

成人看護学

老年看護学

小児看護学

母性看護学

精神看護学

在宅看護論

看護の統合と実践

必修問題へ

このページをシェア

国試2022 看護roo! 国試 スマホアプリなら問題検索がよりスムーズに!
看護師国家試験過去問題集トップへ