状況設定問題(156問)  急性期の子どもと家族への看護

第98回改変 午前111問

次の文を読み問題3に答えよ。
11歳の男児。両親との3人家族。マラソン大会の2週後から倦怠感と膝関節の痛みとを訴え来院した。血液検査の結果、白血球200,000/μL、Hb5.0g/dL、血小板3万/μLで、精査を目的として緊急入院した。

問題3
入院予定期間が1年となることから、特別支援学校に転校し院内学級で授業を受けることとなった。寛解導入療法によって寛解に入り、順調に治療が行われていた。抗癌薬の髄腔内注射を行った30分後、授業開始の時間となった。嘔気と嘔吐とはなく、バイタルサインも安定している。児は授業を受けることを希望している。

授業を受ける方法で適切なのはどれか。
  • 1. 院内学級へ歩いて行く。
  • 2. 院内学級へ車椅子で移動する。
  • 3. ベッドに座って受ける。
  • 4. ベッドに臥床したまま受ける。
解答・解説を見る

人体の構造と機能

疾病の成り立ちと回復の促進

健康支援と社会保障制度

基礎看護学

成人看護学

老年看護学

小児看護学

母性看護学

精神看護学

在宅看護論

看護の統合と実践

必修問題へ

このページをシェア

国試2022 看護roo! 国試 スマホアプリなら問題検索がよりスムーズに!
看護師国家試験過去問題集トップへ