状況設定問題(156問)  急性期の子どもと家族への看護

第96回 午後65問

次の文を読み問題2に答えよ。
Aくん、8歳の男児。夕方自転車で帰宅途中に転倒し、利き腕である右肘を強打した。疼痛、腫脹があり受診。単純エックス線撮影の結果、右上腕骨顆上骨折の診断を受け入院した。

問題2
入院2日後、全身麻酔下で骨接合術が施行され、その後再び上腕から手関節までシーネを装着した。1週後にギプス固定をし、5~6週後に抜釘術を行う予定である。

食事摂取の方法で最も適切なのはどれか。
  • 1. 食事は全介助で摂取する。
  • 2. 食べやすい流動食を提供する。
  • 3. 左手を積極的に使うようにする。
  • 4. 右手でゆっくり食べるようにする。
解答・解説を見る

人体の構造と機能

疾病の成り立ちと回復の促進

健康支援と社会保障制度

基礎看護学

成人看護学

老年看護学

小児看護学

母性看護学

精神看護学

在宅看護論

看護の統合と実践

必修問題へ

このページをシェア

国試2022 看護roo! 国試 スマホアプリなら問題検索がよりスムーズに!
看護師国家試験過去問題集トップへ