状況設定問題(156問)  慢性疾患・障害がある子どもと家族への看護

第95回 午後66問

次の文を読み問題3に答えよ。
在胎39週、3,200gで出生した男児。鎖肛のため小児専門病院に移送された。倒立エックス線撮影で高位鎖肛と診断されたが、他の合併奇形はみられなかった。父親に説明し同意を得て、生後1日に人工肛門造設術が行われた。

問題3
術後の経過は良好であった。1週後、産科を退院した母親は父親とともに面会に訪れた。母親は「普通に触っても大丈夫かしら」と看護師に話しかけた。

母親への対応で最初に行うのはどれか。
  • 1. 手術経過を説明する。
  • 2. 窓越しに面会してもらう。
  • 3. 抱っこを勧める。
  • 4. 人工肛門を見るように促す。
解答・解説を見る

人体の構造と機能

疾病の成り立ちと回復の促進

健康支援と社会保障制度

基礎看護学

成人看護学

老年看護学

小児看護学

母性看護学

精神看護学

在宅看護論

看護の統合と実践

必修問題へ

このページをシェア

国試2022 看護roo! 国試 スマホアプリなら問題検索がよりスムーズに!
看護師国家試験過去問題集トップへ