状況設定問題(177問)  高齢者に特有な症候・疾患・障害と看護

第96回 午後61問

次の文を読み問題1に答えよ。
Aさん、92歳の男性。身長178cm、体重50kg。1年前から寝たきり状態で、82歳の妻と長男夫婦と同居している。食事はむせがあるが全介助で摂取できる。排泄は尿便意ともになく、おむつを使用している。介護は妻が1人で行っている。最近急に活気がなくなり、食事量が減少し、下痢が続いたため入院した。

問題1
入院時、体温37.6℃、脈拍数70/分。白血球9,200/μL。尿混濁が認められ尿臭が強い。水様便が5回/日。活気なく食事は1/3程度しか食べていない。

この時点で必要とされるのはどれか。
  • 1. 輸 液
  • 2. 経管栄養
  • 3. 膀胱洗浄
  • 4. 膀胱留置カテーテルの挿入
解答・解説を見る

人体の構造と機能

疾病の成り立ちと回復の促進

健康支援と社会保障制度

基礎看護学

成人看護学

老年看護学

小児看護学

母性看護学

精神看護学

地域・在宅看護論(在宅看護論)

看護の統合と実践

必修問題へ

このページをシェア

国試2024 看護roo! 国試 スマホアプリなら問題検索がよりスムーズに!
看護師国家試験過去問題集トップへ