状況設定問題(177問)  多様な場で生活する高齢者を支える看護

第98回 午後92問

次の文を読み問題2に答えよ。
70歳の女性。1人暮らし。肺気腫で在宅療養をしていた。夫とは死別し、長女は隣県に住んでいる。要支援2。介護予防訪問介護を利用していた。咳・痰の症状に加え呼吸困難感が増強したために入院した。今後も自宅での療養を強く希望している。

問題2
退院後は自宅でも酸素療法の継続が必要である。

病棟看護師が行う在宅酸素療法の指導で正しいのはどれか。
  • 1. 入浴時も酸素吸入を継続する。
  • 2. 台所で火気を使用する場合は換気をする。
  • 3. 呼吸困難感が増強する時は酸素流量を増やす。
  • 4. 加湿器の蒸留水の補充は訪問看護師に任せる。
解答・解説を見る

人体の構造と機能

疾病の成り立ちと回復の促進

健康支援と社会保障制度

基礎看護学

成人看護学

老年看護学

小児看護学

母性看護学

精神看護学

地域・在宅看護論(在宅看護論)

看護の統合と実践

必修問題へ

このページをシェア

国試2024 看護roo! 国試 スマホアプリなら問題検索がよりスムーズに!
看護師国家試験過去問題集トップへ