状況設定問題(156問)  慢性疾患・障害がある子どもと家族への看護

第98回改変 午前96問

次の文を読み問題3に答えよ。
7歳の男児。筋ジストロフィー。誤嚥性肺炎のため入院した。両親との3人家族。車椅子介助で特別支援学校に通学している。父親は早朝から深夜まで仕事のため不在が多い。介護はほぼ母親が担っている。母親は軽度の高血圧症である。

問題3
退院後3か月が経ち、母親の付き添いで再び通学が可能となった。しかし、毎日介護と家事とを行っている母親に疲労がみられるようになった。訪問看護師が訪問すると「今朝自分の血圧を測ったら160/100mmHgだったが、大丈夫だろうか」と母親から相談があった。

受診を勧めた上で次に行う対応で適切なのはどれか。
  • 1. 直ちに男児の入院を手配する。
  • 2. ホームヘルプサービスの利用を勧める。
  • 3. 母親に厳密な塩分制限を含む食事指導を行う。
  • 4. 特別支援学校をしばらく休ませるよう勧める。
解答・解説を見る

人体の構造と機能

疾病の成り立ちと回復の促進

健康支援と社会保障制度

基礎看護学

成人看護学

老年看護学

小児看護学

母性看護学

精神看護学

在宅看護論

看護の統合と実践

必修問題へ

このページをシェア

国試2022 看護roo! 国試 スマホアプリなら問題検索がよりスムーズに!
看護師国家試験過去問題集トップへ