内部環境調節系の機能障害(67問)  状況設定問題

第97回 午後50問

次の文を読み問題2に答えよ。
34歳の男性。運送会社で配達を担当している。6か月前の職場の健康診断で、血圧142/90mmHg、尿蛋白(2+)、尿潜血(2+)を指摘されたが放置していた。1週前、風邪症状の後に紅茶色の尿がみられたため内科を受診した。血清IgAが高値のため精査が必要となり入院した。

問題2
検査の結果、IgA腎症と診断され昼間だけの勤務に変更した。塩分1日7g以下の食事制限と3か月ごとの定期受診が指示された。塩辛いものが好物で外食の多い患者は「塩気がなくて食べた気がしない」と減塩食に物足りなさを感じている。

対応で適切なのはどれか。
  • 1. 「酸味や香味を利用するとよいでしょう」
  • 2. 「各食事で均等に食塩を摂取しましょう」
  • 3. 「市販のレトルト食品は塩分が少ないので活用するとよいです」
  • 4. 「料理は人肌程度の温度にすると塩味をよく感じることができます」
解答・解説を見る

人体の構造と機能

疾病の成り立ちと回復の促進

健康支援と社会保障制度

基礎看護学

成人看護学

老年看護学

小児看護学

母性看護学

精神看護学

在宅看護論

看護の統合と実践

必修問題へ

このページをシェア

国試2021 看護roo! 国試 スマホアプリなら問題検索がよりスムーズに!
看護師国家試験過去問題集トップへ