脳・神経系(73問)  状況設定問題

第97回 午後54問

次の文を読み問題3に答えよ。
58歳の男性。会社役員。妻と子どもとの3人暮らし。出勤途中の電車内で意識消失し、けいれん発作を起こして搬送された。検査の結果、脳腫瘍の疑いで入院した。

問題3
半年後、残存腫瘍の増大により意識レベルが低下し、うとうとしていることが多くなった。医師から妻に、余命2、3週と説明された。妻は毎日面会に来ている。看護師に「話しかけても答えないし、何もしてあげられないのがつらい」と涙ぐんで話した。

看護師の対応で最も適切なのはどれか。
  • 1. 「面会は毎日でなくてもいいですよ」
  • 2. 「そばにいてあげるだけでもいいんですよ」
  • 3. 「お世話はすべて看護師がさせていただきますよ」
  • 4. 「今の状態ではあまり声をかけないほうがいいですね」
解答・解説を見る

人体の構造と機能

疾病の成り立ちと回復の促進

健康支援と社会保障制度

基礎看護学

成人看護学

老年看護学

小児看護学

母性看護学

精神看護学

地域・在宅看護論(在宅看護論)

看護の統合と実践

必修問題へ

このページをシェア

国試2024 看護roo! 国試 スマホアプリなら問題検索がよりスムーズに!
看護師国家試験過去問題集トップへ