状況設定問題(177問)  高齢者に特有な症候・疾患・障害と看護

第110回 午後97問

次の文を読み問題1に答えよ。
Aさん(75歳、女性)は、1人暮らし。高血圧症の内服治療をしているが、その他に既往歴はない。認知機能は問題ない。軽度の円背があるが、日常生活動作〈ADL〉は自立している。簡単な家事は自分で行っており、家の中で過ごすことが多かった。近所に住む長女が時々、Aさんの様子を見に来ていた。

ある日、Aさんは自宅の階段を踏み外して転落し、横向きになったまま動けなくなったところを訪問してきた長女に発見され、救急車で病院に運ばれ、右大腿骨頸部骨折と診断された。そのまま入院し、緊急手術を行うことになった。

問題1
手術前オリエンテーションの際の看護師の説明内容で適切なのはどれか。
  • 1. 「手術はすぐに終わります」
  • 2. 「手術後はすぐに水を飲めます」
  • 3. 「手術後は両足とも動かしてはいけません」
  • 4. 「手術後は背中にクッションを当てます」
解答・解説を見る

人体の構造と機能

疾病の成り立ちと回復の促進

健康支援と社会保障制度

基礎看護学

成人看護学

老年看護学

小児看護学

母性看護学

精神看護学

地域・在宅看護論(在宅看護論)

看護の統合と実践

必修問題へ

このページをシェア

国試2024 看護roo! 国試 スマホアプリなら問題検索がよりスムーズに!
看護師国家試験過去問題集トップへ