生殖器系の機能障害(33問)  治療と看護

第95回 午前100問

広汎子宮全摘出術後の排尿障害時の看護で適切なのはどれか。
  • 1. 残尿測定は自力排尿後毎回行う。
  • 2. 尿意を感じるまで膀胱内にカテーテルを留置する。
  • 3. 排尿時の用手膀胱圧迫は行わない。
  • 4. 残尿量30~50mLが残尿測定中止の目安となる。
解答・解説を見る

人体の構造と機能

疾病の成り立ちと回復の促進

健康支援と社会保障制度

基礎看護学

成人看護学

老年看護学

小児看護学

母性看護学

精神看護学

在宅看護論

看護の統合と実践

必修問題へ

このページをシェア

国試2022 看護roo! 国試 スマホアプリなら問題検索がよりスムーズに!
看護師国家試験過去問題集トップへ