呼吸器系の機能障害(66問)  治療と看護

第103回追試 午前49問

Aさん(34歳、男性)は、数日前から息苦しさを感じており、昨夜から胸痛と呼吸困難が増強したため、午前2時に救急外来を受診した。来院時、Aさんの意識は清明であり、呼吸数24/分、脈拍96/分、整で、血圧132/86mmHgであった。経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉92%。来院時の胸部エックス線写真を別に示す。

Aさんへの対応として適切なのはどれか。

  • 1. 除細動の実施
  • 2. 気管支鏡検査の実施
  • 3. 胸腔ドレーンの留置
  • 4. 中心静脈カテーテルの留置
解答・解説を見る

人体の構造と機能

疾病の成り立ちと回復の促進

健康支援と社会保障制度

基礎看護学

成人看護学

老年看護学

小児看護学

母性看護学

精神看護学

在宅看護論

看護の統合と実践

必修問題へ

このページをシェア

国試2022 看護roo! 国試 スマホアプリなら問題検索がよりスムーズに!
看護師国家試験過去問題集トップへ