猫エスパー|マンガ・ねこやまクリニック(7)

なんでもわかってくれるにゃー。

 

タイトル:猫エスパー(7)。ある日、「猫の先生がいるって聞いてきたのですが、この子を診てもらえますか?」と弱った猫を連れた飼い主さんが相談にきました。「うちは動物病院ではないんですよ…」とお断りしようとしましたが、「話くらいは聞けるかも。」とダメもとで診てあげることに。「にゃふ?」「ぶにゃ~」と話を聞いて後、ねこやま先生は、熊野さんに「にゃ~。」と鳴きました。それを聞いて、「食べ過ぎだそうです。」と診察結果を飼い主さんに伝えた熊野さん。一番すごいのは熊野さんかもしれません。

 


【著者プロフィール】

 momo irone

イラストレーター・漫画家。講談社文庫「おもタメくん」4コマ漫画、学研プラス「中学英語がちゃっかり学べる ゆる4コマ教室」漫画などを描いています。

ホームページ:momoironet

この記事をシェアしよう

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆精神看護の問題◆以下の場面で、Dさんへの対応として適切でないものはどれでしょうか?

  1. 今後は、担当看護師は、一対一での対応は避けつつ、いつもと変わらない態度でケアを行う。
  2. 患者さんへの暴言などの事実はなくても、まずは患者さんの興奮を収めるため、担当看護師から患者さんに謝罪させる。
  3. 担当看護師に対する患者さんの敵意が強く、興奮が収まらない場合は、医療チームで対応を検討し、担当看護師を交代させる。
  4. 患者さんの興奮が収まった段階で、主治医や看護師長が間に入り、患者さんと担当看護師の面接機会を設定する。

3108人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8069人の年収・手当公開中!

給料明細を検索