白衣に求めるもの|マンガ・こんな私も3年目~みちよのナース道【11】

前回までのお話
ナース3年目のみちよ。初めてのプリセプターに悪戦苦闘する毎日。
そんなある日のこと・・・

今や白衣の主流は圧倒的にパンツスタイル!一方で患者さんが白衣に求めるものがあるようで…。「最近ズボンはいた看護師が多くないか?それだと治療を頑張ろうって気が削がれるんだよ!」っていうクレームがつきました…。みちよたちは「一体白衣に何を期待しているのかしらね?」

 


【著者プロフィール】

にわみちよ

埼玉県出身。高校の衛生看護科、看護専攻科を経て20歳で正看護師免許を取得、地元の総合病院に就職する。外科のほかに産科や企業看護師、産後ベビーシッターなども経験。妊産婦新生児向けのリフレクソロジーも行っている。H19年にマンガ家としてデビュー

 

『ナースになったらピュアな心がなくなりました。』 (バンブーエッセイセレクション) 好評発売中!

 

◆月刊誌『本当にあった愉快な話』(竹書房)

みちよが主人公の「現役ナースのナイショ話」が好評連載中!

SNSシェア

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆新生児のケアの問題◆ファミリーセンタードケアとして間違っているものはどれでしょうか?

  1. 子どもと家族が一緒に過ごしやすいための工夫をする。
  2. 治療方針は医療スタッフが決定し、家族へ詳しく説明し納得を得る。
  3. 痛いことやつらいことがなるべく少なくなるよう、家族と医療スタッフが力を合わせる。
  4. 子どもらしい遊びや時間が取れるように工夫する。

623人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8162人の年収・手当公開中!

給料明細を検索